주요 기사 바로가기

ハンファシステム、敵のレーダー避ける技術開発して韓国型戦闘機に適用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.12 11:53
0
ハンファシステムが韓国型戦闘機(KF-X)のレーダー性能向上に着手する。

ハンファシステムはKF-Xに搭載する能動位相配列(AESA)レーダーに自動地形追跡技術を適用することにし、国防科学研究所と470億ウォン(約43億円)規模の事業契約を締結したと11日、明らかにした。自動地形追跡技術はレーダーを利用して地形を感知し、一定の高度を自動で維持するよう制御するソフトウェア。技術開発期間は2026年まで。

ハンファシステムがKF-X開発事業として着手したAESAレーダーは戦闘機の目にあたる。複数の周波数を同時に発射して敵を探知する技術で、単一周波数レーダーと比べて攻撃を受ける確率が大幅に減る。

AESAに自動地形追跡技術を搭載すれば、より精密な任務を遂行できる。より低い高度で飛行でき、また敵のレーダーに探知される確率を減らし、任務の成功率を高めることができる。戦闘機を製造する国の中では米国・欧州など一部の国だけがソフトウェアを適用している。

ハンファシステムのキム・ヨンチョル代表は「先端センサーと抗戦システムに続いてソフトウェア技術にまで開発分野を広げた」とし「KF-Xの性能向上のために最善を尽くす」と述べた。

ハンファシステムは国防研究所・韓国航空宇宙産業と共にKF-Xの核心装備の国産化を推進している。能動位相配列レーダーをはじめ、電子光学標的追跡装備(EO TGP)、赤外線探索追跡装備(IRST)、任務コンピューター(MC)を開発している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP