주요 기사 바로가기

【コラム】精神健康に対する国家のリーダーシップを見せてほしい=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.12 10:52
0
精神健康が大衆の日常に近づいている。よく言われる「ストレス」と「憂うつ」だけでなくアン・インドク事件とイム・セウォン教授死亡に触発された朝見病患者の治療と保護をめぐる論議、また再び増加した自殺死亡率に至るまで私たちは毎日のように精神健康を語って、聞いて、見ている。

日頃から聞こえる精神健康に関する声は精神健康のために何をしなければならないのか、良質のサービスをどのように受けることができるのかなどの質問をはらんでいる。精神健康政策が始まって20年が経つ間、精神健康のニーズを満たすための政策的な努力がなかったわけではないが、依然として長期入院中心の医療サービス、精神健康サービス間の分離性、慢性的な人材・予算不足問題などがある。

このような状況で精神健康問題による社会・経済的な負担が増えている。精神疾患による社会・経済的コストは2015年11兆3000億ウォンを上回った。全体国民の25%が一生一回以上精神健康問題を経験しているにもかかわらず、精神疾患に対する偏見は依然として存在し、地域社会のインフラが不足して精神健康サービスに対するアクセシビリティも悪い。

精神健康のニーズを満たすための努力は強化されるべきで、このためには精神健康に対するリーダーシップと責任性を持つ国家の後押しが必要だ。いくら立派な政策が導き出されたといっても政策を率いる能力と意志を持つリーダーシップと責任性が国家になければ、その政策は効果を発揮し難い。

精神健康に対して国家がリーダーシップと責任性を持つというのは利害関係者間の合意を通じて精神健康政策の方向性を導き出し、その方向についていくのに必要な長短期政策構成および履行に向けた十分な資源を用意することだ。国家のリーダーシップと責任性を見せる装置である精神健康ガバナンスの強化は精神健康のニーズと供給間不整合性を改善して国民の精神健康を増進するために踏み出す最も重要な第一歩だ。

日頃の精神健康のニーズに現在の国家精神健康ガバナンスの構造が対応するには力不足だ。このため、保健福祉部精神健康政策局の新設を提案したい。精神健康政策局を新設して政策間合致性を高め、政策対象を幅広く合わせると同時に政策を深化させる必要がある。精神健康分野で長い間強調されてきた「脱施設化」と「地域社会の精神健康サービス強化」の目標を達成していく未来の韓国のためにもはや国家がリーダーシップと責任性を見せる時だ。

チョン・ジナ/韓国保健社会研究院博士

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP