주요 기사 바로가기

船も自動運航時代…サムスン重工業、5Gで遠隔制御に成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.11 15:03
0
韓国のサムスン重工業は今月9日、巨済(コジェ)造船所の近海で5世代移動通信(5G)基盤の遠隔管制が可能な模型船舶を自動運航させる試験に成功したと10日、明らかにした。今回の運航は約250キロ離れた大田(テジョン)遠隔制御センターで模型船舶を制御する方式で行われた。サムスン巨済造船所とSKテレコムが構築した5Gネットワークを利用した。

サムスンは自動運航試験のために全長3.3メートルの模型船舶を製作した。液化天然ガス(LNG)運搬船の100分の1の模型船「Easy Go(イージーゴー)」だ。サムスンが独自に開発した「オートパイロット(自動運航)」と慣性航法システムを搭載した。遠距離でも目的地情報さえ入力すれば模型船舶が周辺の障害物を認知してこれを避けながら目的地に到着する自律運航技術を適用した。広帯域超高速通信が可能なEasy Goは高性能カメラとLiDAR(ライダー)を通じて周辺の状況を正確に識別することができる。クラウド基盤のモノのインターネット(IoT)技術が搭載されたバッテリー電気推進機も設置した。直接制御が必要な場合、遠隔制御センターが5Gネットワークを利用して運航を助けた。遠隔管制センターはEasy Goに設置した高性能カメラ5台を利用して周辺の映像や障害物を識別してリアルタイムで制御する役割を果たした。

サムスン重工業のシム・ヨンレ造船海洋研究所長は「独自技術で開発した遠隔自動運航システムに超高速5G技術を結合して最適な研究環境を確保したことに意味がある」とし「これを土台に遠隔自動運航の船舶技術をリードしていく」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    船も自動運航時代…サムスン重工業、5Gで遠隔制御に成功

    2019.12.11 15:03
    뉴스 메뉴 보기
    9日、サムスン重工業が製作した自動運航の模型船舶「Easy Go」が巨済造船所近海を運航している。今回の運航は大田遠隔制御センターで船舶を制御する方式で行われた。[写真 サムスン重工業]
    TOP