주요 기사 바로가기

北朝鮮のクリスマス挑発を防げ…米偵察機、今月8回目の韓半島投入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.11 14:05
0
北朝鮮がクリスマス挑発を予告した中、米国が北朝鮮の思惑を把握するために連日、総力戦を見せている。11日にも米軍偵察機2機が韓半島(朝鮮半島)上空に現れた。米軍偵察機の韓半島飛行は今月に入って8回目。事実上、毎日出現しているということだ。

2日のRC-135Wをはじめ、3日はE-8CジョイントスターズとC-135Uコンバットセント、4日はP-3Cオライオン、5日はRC-135W、6日はRC-135SコブラボールとRC-135Vリベットジョイント、9日はRC-135W、10日はE-8Cだ。12日間に6種類の米軍偵察機11機が動員された。

この日の海外航空機追跡サイト「エアクラフトスポット」によると、米国空軍のRQ-4グローバルホークとRC-135Wリベットジョイントが首都圏で偵察飛行任務を遂行した。RQ-4は高度1万9500メートルで38-42時間飛行しながら地上の30センチの物体まで識別する偵察機。天気が良ければ電子・光学/赤外線(EO/IR)センサーを使用し、雲がかかっていれば合成開口レーダー(SAR)を活用する。RQ-4のSARは地上で動く車両の位置と速度も把握できる。RC-135Wは通信・信号情報(SIGINT)を専門的に収集して分析する偵察機だ。

アジア太平洋地域の米空軍のRQ-4はグアムに配備された。この日、偵察のためにグアムから韓国に飛行したと推定される。韓国も戦時作戦権転換後、自国の偵察力強化のために4機のRQ-4を米国から9億5000万ドル(約1000億円)で購入した。

これに先立ち6日に登場したRC-135Sコブラボールは特別な偵察機戦力だ。RC-135Sはミサイルの軌跡を専門的に追跡する。北朝鮮が長距離ミサイルを開発中だった2017年、韓半島を頻繁に飛行した。北朝鮮が7日に東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場でエンジン試験をする前日に東海(トンヘ、日本名・日本海)に現れた。米国が東倉里ミサイル発射場の異常動向をあらかじめ把握していたということだ。

E-8Cは地上を専門的に監視する。P-3Cはもともと海上哨戒機だが、4日に現れたP-3Cは地上偵察機能まで備えた機種だ。米国が最も注視しているのは地上の特定車両の移動と推察できる。北朝鮮は平壌(ピョンヤン)郊外の山陰洞団地でロケットとミサイルを製作した後、別の場所に移して発射してきた。7日に燃焼テストをしたエンジンも山陰洞で生産した可能性が高い。米国が山陰洞一帯の動向を重点的に監視しているということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮のクリスマス挑発を防げ…米偵察機、今月8回目の韓半島投入

    2019.12.11 14:05
    뉴스 메뉴 보기
    高高度偵察無人機RQ-4グローバルホーク [写真 ノースロップグラマン]
    TOP