주요 기사 바로가기

効果少ない景気浮揚策…今年の財政赤字11兆ウォンに=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.11 12:01
0
年末が近づく中、財政赤字は11兆4000億ウォン(約1兆380億円)に達した。景気浮揚のために年中、財政支出を増やしたが、回復の兆しは見えず、法人税・所得税など主な税収の徴収速度が遅かった。

企画財政部が10日に発表した「月間財政動向12月号」によると、今年1-10月の累計統合財政収支(総収入-総支出)は11兆4000億ウォンの赤字となった。前年同期は28兆7000億ウォンの黒字だったが、今年は赤字に転じた。1-10月の統合財政収支が赤字となったのは統計を出し始めた2000年以降初めて。国民年金・健康保険など社会保障性基金収支を除いた管理財政収支は45兆5000億ウォンと、前年同期比39兆8000億ウォン減少した。

10月までの財政赤字は勤労奨励金(EITC)支給などで過去最大幅の財政赤字となった前月と比べると減少した。付加価値税徴収なども赤字幅の減少につながった。しかし今後の税収は総合不動産税ほどしかなく、年末の財政赤字は過去最大に近づくと予想される。

支出より収入の速度が遅いのが財政赤字の原因だ。1-10月の総支出は417兆6000億ウォンと、43兆ウォン増えた。総支出進度率は前年より0.3%ポイント増加した。同じ期間、国税収入は260兆4000億ウォンと、3兆ウォン減少した。予算を基準とした法人税進度率は-20.8%、所得税-11.4%などと、主要税目の徴収速度が大きく落ちたからだ。このため国税や基金など全体の国家収入を合わせた総収入(406兆2000億ウォン)進度率も-4.8%となった。

企画財政部は今年末の財政収支は政府予測値に収束すると予想した。政府は今年の統合財政収支は国内総生産(GDP)比0%、管理財政収支は2.2%程度と予想している。ただ、景気浮揚のために中央政府と地方自治体の残りの予算執行を促しているため、財政赤字はさらに増える可能性がある。

国家債務は698兆6000億ウォンと、1年前に比べて46兆8000億ウォン増えた。前月比で4兆2000億ウォン増加した。国債(残額4兆3000億ウォン)は毎月発行するが、償還は3・6・9・12月となっているからだ。

政府は財政赤字が増えても拡張財政を通じた景気対応基調を維持する方針だ。企画財政部の関係者は「国内外の不確実性が大きく、積極的な財政運用で経済活力を支える」とし「積極財政→経済成長→税収増大の好循環構造が形成されるようにする」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP