주요 기사 바로가기

【社説】再燃される厳重な韓半島の安保危機、韓国政府は現実を直視せよ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.11 09:50
0
韓半島(朝鮮半島)の安保状況が再び厳しくなっている。北朝鮮が西海(ソヘ)衛星発射場でミサイルエンジン燃焼実験を行い、米国は国連安全保障理事会を招集した。北朝鮮は燃焼実験に続いて今月クリスマスの前に大陸間弾道ミサイル(ICBM)、またはミサイルを偽装した人工衛星を発射する可能性がある。このような挑発行為に米国は北朝鮮をさらに締め付け、あるいは軍事オプションを再び選ぶ可能性があるという。その結果はひたすら戦争に飛び火する恐れがあった2017年の悪夢の再燃だ。過去2年間北朝鮮の非核化のために注いだ努力がすべて水の泡になるかもしれない。非核化の交渉期間がそれまでむしろ北朝鮮に核武装とICBM開発の時間だけを稼いだ格好になった。それでも手をこまぬいているような政府の雰囲気に懸念が大きい。

今月7日、北朝鮮が平安北道鉄山郡(ピョンアンブクド・チョルサングン)東倉里の西海(ソヘ)衛星発射場で実施したミサイルエンジン燃焼試験は思ったよりはるかに深刻な意味を持つ。北朝鮮はこれまで発射場でほとんどのICBM用エンジンをテストした。北朝鮮は2017年にも3月18日、エンジン燃焼試験の4日後にミサイルを発射した。今回もそのような可能性があるという。北朝鮮は試験翌日である8日、国防科学院報道官名の発表で「非常に重大な試験」とし「遠からず朝鮮人民民主主義共和国(北朝鮮)の戦略的地位(核とICBM能力)をもう一度変化させる重要なきっかけになるだろう」と明らかにした。その言葉通りに発射場の周辺には試験の痕跡が明らかに見えた。米国のミサイル専門家、ミドルベリー国際問題研究所のジェフリー・ルイス所長が公開した東倉里試験場の映像には発射場周辺の広い地域の草木が火炎に焦がれた。

米国はこのような北朝鮮の挑発をあらかじめ感知したようだ。北朝鮮の挑発の兆しと高まっている声のためだ。北朝鮮の口調がまずますます荒くなっている。「年末の時限付きが近づいている。クリスマスのプレゼントを何に選ぶのかは全的に米国の決心にかかっている」「米国が武力を使用するなら私たちも迅速な相応の行動を取るだろう」「私たちはこれ以上失うものがない」「トランプ、年老いた亡霊」などだ。これに備えて米国は普段韓半島に送ったことのない特殊偵察機を最近連日飛行させている。トランプ米大統領は安保理理事会を招集した。今日開かれる理事会では当初予定された北朝鮮の人権問題の代わりに、ミサイル(ICBM)挑発の可能性と韓半島状況を協議する予定だ。会議の結果によっては北朝鮮の反発で挑発がさらに露骨になる可能性が大きい。

年末の安保危機が拡大しているが、韓国政府は反応がない。最近北朝鮮の度重なるミサイル発射にも息を殺し、今でも同じだ。米国特殊偵察機の韓半島飛行に国民の不安が高まるにもかかわらず、青瓦台(チョンワデ、大統領府)安保室や軍と情報当局の説明はない。北朝鮮の今回のミサイルエンジン燃焼実験に対する鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官の控え目の発言だけだった。鄭長官は昨日、オーストラリア・シドニーで開かれた第4回韓豪外交・国防長官会議で「(北朝鮮は)軍事的緊張を高める行為を直ちに中断せよ」と述べた。これから韓国政府は希望がほとんど消えた北朝鮮の非核化にこだわってはならない。厳重な安保状況を先に直視して国民に説明する必要がある。明らかな対策も立てるべきだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP