주요 기사 바로가기

北朝鮮に挑発の兆候…米偵察機が連日監視

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.10 15:59
0
北朝鮮がクリスマス以前に挑発する可能性が高いとみて、米国が11日(現地時間)の国連安全保障理事会招集を要請するなど先制的な対応に動き出した。また、韓半島(朝鮮半島)に米軍偵察機を投入し、北朝鮮の動向を監視している。

ソウルの外交筋は10日、「国家情報局(DNI)など米国の情報機関は北が来年初めよりも今年末に挑発をする可能性が高いと判断し、これをホワイトハウスに報告したと聞いている」とし「北が7日に東倉里(トンチャンリ)ミサイル発射場でロケットまたはミサイル関連の燃焼試験をするなど挑発が迫っている兆候を見せたのも、こうした判断を後押ししている」と伝えた。

北朝鮮はその間、年末までに米国が非核化交渉で制裁解除など「新しい解決策」を提示しなければ「新たな道」を歩むと脅迫した。3日にはイ・テソン外務次官(米国担当)の談話で「残されているのは米国の選択であり、近づくクリスマスプレゼントに何を選ぶかは全面的に米国の決心にかかっている」と述べた。

しかし最近、北朝鮮が予想より早く動いているため、当初予告したクリスマスの前に挑発をする可能性が高いという見方が出ている。国連安保理が米国の要請で11日(現地時間)に北朝鮮のミサイル発射と挑発拡大の可能性を議論することにしたのも、北朝鮮のクリスマス以前の挑発の動きと関連している。北朝鮮が最も敏感に反応する安保理カードで北朝鮮に圧力を加えて挑発を抑止しようというのが米国の狙いだ。米国はその間、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射に対して安保理会議の招集を要請してこなかった。

また、先週からほぼ毎日、米軍の偵察機が韓半島(朝鮮半島)上空を飛行しながら北朝鮮を監視している。海外軍用機追跡サイト「エアクラフトスポット」によると、この日も午前4時ごろ米空軍所属E-8Cジョイントスターズが韓国領空で確認された。南海から進入したこの偵察機は中部圏上空を往復飛行した後、機首をまた南に向けた。E-8Cジョイントスターズは250キロ離れた地上の車両の移動を追跡できる。

韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ分析官は「米国は基本的に人工衛星を通じて北を偵察するが、最近のように韓半島情勢が緊迫した状況になれば偵察機など多様な情報資産を総動員する」と説明した。

韓米は北朝鮮のロケットまたはミサイル関連の車両が移動するという機密情報を入手し、これを確認している。軍関係者は「7日に続いて近いうちに追加で燃焼試験をするとみて注視している」と話した。北朝鮮は7日、東倉里ミサイル発射場のエンジン燃焼実験場で燃焼実験を2回以上実施したことが把握された。これに続いて北朝鮮が多様なロケットまたはミサイル発射を準備するのではという見方が出ている。

21世紀軍事研究所のリュ・ソンヨプ研究委員は「北が人工衛星を打ち上げるには複数のエンジンを一つに束ねた後、ロケットに搭載しなければいけない」とし「一度の燃焼試験でエンジン性能を十分に評価するのは容易でない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮に挑発の兆候…米偵察機が連日監視

    2019.12.10 15:59
    뉴스 메뉴 보기
    E-8ジョイントスターズ[写真 米空軍]
    TOP