주요 기사 바로가기

米官僚ら警告「北核実験再開は失敗…われわれには多くの手段がある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.09 12:04
0
米国の外交安保官僚らが北朝鮮の兵器試験に対する警告を送ると同時に依然として対話の門は開いているというシグナルを送った。

米ホワイトハウスのオブライエン補佐官(国家安全保障担当)は8日、北朝鮮の西海(ソヘ)衛星発射場での「重大試験」発表と関連し、もし北朝鮮が核実験を再開する準備をするならば「北朝鮮側としては失敗になるだろう」と話した。

オブライエン補佐官はこの日CBSとのインタビューで、北朝鮮が核実験を再開する準備をしているとみるかとの司会者の質問に、「そうではないことを願う」としてこのように話した。

オブライエン補佐官は「金正恩(キム・ジョンウン)は昨年シンガポールでの米朝首脳会談で北朝鮮を非核化すると約束した」と強調し、北朝鮮が約束と違う道を進むならば米国は「多くの手段」を持っていると警告した。

その一方で、「われわれは交渉を継続している」としながら米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表が近く韓国を訪問することとし、見守ろうと話した。北朝鮮が米国に「新たな計算法」を要求して提示した年末までの交渉期間内に米朝が会うと予想するか、トランプ大統領と金委員長が会談すると予想するのかとの質問に対する回答だった

エスパー米国防長官は8日に放送されたフォックスニュースとのインタビューで、北朝鮮の挑発に対し「対応する準備態勢になっている」としながら「対話は常に開いている」と話した。

エスパー長官は「もし北朝鮮が核実験と長距離ミサイル試験をすれば米国はどのように対応するか」という質問にこのように答えた。エスパー長官は「仮想のシナリオに対し話したくない」としながらも「私の任務は準備態勢を明確にすること」と話した。続けて「われわれは交渉を望む。北朝鮮を非核化する地点に達することを望む」と話した。

エスパー長官は前日に米カリフォルニアで開かれた「レーガン国防フォーラム」でも同じ趣旨で答えた。

司会者が「年末までに合意がなされない場合に北朝鮮が送るというクリスマスプレゼントを懸念するのか」と尋ねると、エスパー長官は「私は2種類の任務を持つ。今夜出て行って戦い勝てるよう常に準備しておくことと、米国の外交官らがことを進展させられるよう支援すること」と話した。

「北朝鮮との非核化交渉に希望が見られないようだ。どこに希望を求められるのか」との質問にエスパー長官は「最悪に備えるために最善で臨む。最善の方法は政治的合意であり、希望がないならば再び戦時編成状況に陥ることになるだろう」と話した。

エスパー長官は2017年秋に陸軍長官としてトランプ政権に合流した時に米国は北朝鮮とほぼ戦争直前まで行っていたと振り返った。

トランプ大統領の介入とリーダーシップにより金正恩北朝鮮国務委員長と対話を始め、戦争の道から降り2年間核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験がなかったと強調した。

レーガン国防フォーラムはカリフォルニア州にあるレーガン大統領図書館で毎年開かれる軍・国家安保・防衛産業関係者らの年次集会だ。エスパー長官が基調演説をした後に司会者と問答をやりとりしたのは7日午後12時ごろだった。

北朝鮮が重大実験をしたと朝鮮中央通信を通じて発表する前だ。だが実際の実験は前日の7日に行われており、エスパー長官はこれを知っていた可能性もある。

この日の演説や問答で北朝鮮の西海発射場での「重大実験」に対する言及はなかった。8日に放送されたフォックスニュースでのインタビューも北朝鮮の重大実験に対する言及はなくインタビューが事前収録されていた可能性がある。

北朝鮮の固体燃料ロケットをどのように評価するかとの質問にエスパー長官は「液体燃料ロケットよりは効率性と移動性で有利だ。北朝鮮は数年間その方向で動いており、米国は優秀な情報収集能力を基にこれを注意して観察している」と話した。

北朝鮮の行動が一定の周期を置いて繰り返されるのではないかとの疑惑に対しては、「私は1994年から北朝鮮を見てきた。重要なことは北朝鮮を観察しながらすべてのことを無視してもならないが、またすべてのことに反応することもできない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP