주요 기사 바로가기

大韓民国100大ブランド、サムスン・ギャラクシー9年連続不動の1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.09 09:58
0
ギャラクシーが9年連続100大ブランド総合1位の座を守った。

ブランド価値評価会社のブランドストックは、「2019年大韓民国100大ブランド」でサムスン電子のスマートフォンブランドである「サムスン・ギャラクシー」がブランド価値評価指数のBSTI(Brand Stock Top Index)935.1点を獲得し1位を記録したと発表した。

ブランド順位変動が多い業種は自動車であることがわかった。世界の自動車市場が萎縮し産業環境が急変するなど市場状況がますます悪化しているためだ。現代自動車「グレンジャー」は昨年の総合44位から42段階下がり86位となった。「ジェネシス」もやはり昨年の26位から今年は31位に下がった。韓国GMの代表ブランドである「シボレー・スパーク」も昨年の80位から12段階下落の92位に落ち込み、双竜自動車の「ティボリ」は100位圏外に押し出された。

これに対し「クーパン」は今年再び上昇傾向に持ち直した。昨年ビジョンファンドから追加で20億ドルを支援され、生鮮食品の明け方配送サービスなどに押され昨年の100位から46段階上昇し54位を記録した。マンション部門のGS建設「ザイ」も昨年の67位から20段階上昇の47位に上がった。また、慶東ナビエン(79位)、正官庄(84位)、ハンセム(88位)、アイシス(89位)、Tマップ(95位)、ハングルとコンピュータ(99位)、スターバックス(100位)の7ブランドは今年100大ブランドに新規進入した。

大韓民国100大ブランドはBSTI点数が高いブランドを上位100位まで選定して発表する。BSTIは230部門の代表ブランド1000件余りを対象に、ブランドストック証券取引所の模擬株式取引を通じて形成されたブランド株価指数(70%)と定期消費者調査指数(30%)を組み合わせたブランド価値評価モデルだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大韓民国100大ブランド、サムスン・ギャラクシー9年連続不動の1位

    2019.12.09 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    大韓民国100大ブランド
    TOP