주요 기사 바로가기

トランプ氏「金正恩氏は賢い…敵対行動時、全部を失う」ICBM挑発に警告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.09 07:38
0
ドナルド・トランプ米大統領は8日(現地時間)、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長に敵対的に行動すればすべてのことを失うことになるだろうと強く警告した。トランプ大統領のこのような発言は北朝鮮が7日、東倉里(トンチャンリ)西海(ソヘ)衛星発射場で戦略的な地位を変化させる「重大な試験」を行ったと明らかにした中で出てきたものだ。

トランプ大統領は8日、自身のツイッターに「金正恩氏は敵対的に行動するにはとても賢く、失うことが多い人」とし「彼はシンガポールで強力な非核化協定に署名し、米国大統領との特別な関係を無効にしたり、11月米国大統領選挙に干渉したりしたくないだろう」と書き込んだ。

来年大統領選挙で自身の再選を妨害できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験再開のような挑発をしないことを警告したものだ。

同時に「金委員長のリーダーシップとともに北朝鮮は莫大な経済的な潜在力を持っているが、約束した通りに非核化は実践されなければならない。NATO(北大西洋条約機構)、中国、ロシア、日本、そして全世界がこの問題に対して同じ意見だ」と付け加えた。

一方、北朝鮮国防科学院報道官は「7日午後、西海衛星発射場では非常に重大な試験が行われた」と8日、明らかにした。西海発射場は米国本土まで攻撃可能なICBM開発に関連したところだ。非核化交渉の期間で提示した年末が近づくと、米国の態度の変化を引き出すために圧力の度合いを高めるとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP