주요 기사 바로가기

金正恩委員長、陽徳温泉竣工式に出席…「軍が創造した奇跡」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.08 12:42
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が平安南道陽徳郡(ピョンアンナムド・ヤンドクグン)の温泉観光地区竣工式に参加したと朝鮮中央通信が8日に報道した。

陽徳温泉は金委員長が観光産業育成のため積極的に推進している事業のひとつで、昨年11月に工事を始めてから1年ほどで完工した。金委員長は今年だけで4回ここを現地指導するほど多くの関心を見せた。

同通信は「陽徳温泉文化休養地竣工式が12月7日盛大に行われた」として金委員長が竣工式に参加し直接テープカットをしたと伝えた。

金委員長は2018年8月に陽徳郡を訪れて温泉地区構想を初めて明らかにし、同年11月に建設を始めた。当初完工予想時期は今年10月までだった2カ月ほど遅れた。

166万平方メートルの敷地には室内温泉と野外温泉、スキー場、乗馬公園、宿泊施設をはじめ、治療。療養区域とスポーツ文化基地、サービス施設などが入っている。

金委員長は「陽徳温泉文化休養地の完工は最も正確な指導力と最も偉大な嚮導力で立ちはだかるあらゆる挑戦を正面から切り抜ける朝鮮労働党だけがもたらせる立派な結実」として大きな満足感を表現した。

特に「このような文明をまさに人民軍軍人の手で建設したのがもっとうれしい、一陣の狂風の気概で領袖の命令を決死の覚悟で貫徹するわが人民軍だけが創造できる奇跡」として建設に参加した軍人を褒め称えた。

金委員長は建設に参加した軍部隊と指揮官、乗馬場で馬に乗っていた学生らと記念写真を撮り、陽徳温泉にスキー装備をプレゼントした。

この日の竣工式には崔竜海(チェ・ヨンヘ)国務委員会第1部委員長と朴奉珠(パク・ポンジュ)国務委員会副委員長、朴光浩(パク・グァンホ)、李洙ヨン(イ・スヨン)、朴太徳(パク・テドク)、朴泰成(パク・テソン)、金英哲(キム・ヨンチョル)各副委員長、金頭日(キム・ドゥイル)平安南道党委員会委員長らが参加した。

この日竣工あいさつをした崔第1副委員長は「最悪の逆境の中でもたゆまぬ発展と繁栄を成し遂げることができるということを世界に向けて改めて宣言した自力更正路線の巨大な勝利」と強調した。

一方、金委員長のまた別の重要事業である三池淵郡(サムジヨングン)観光地区は2日に竣工式を行い、元山葛麻(ウォンサン・カルマ)海岸観光地区は4月15日の完工を目標にするなど着実に進捗している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP