주요 기사 바로가기

米国「北朝鮮は依然として希望的…原点に戻らない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.07 11:35
0
北朝鮮と米国が年末を控えて「言葉爆弾」を交わす中、米国側が対北朝鮮交渉基調を維持するという立場を明らかにした。特にトランプ米大統領の最側近のホワイトハウスの官僚が動いた。この数日間、お互い刺激する言葉が交わされ米朝間の緊張が高まったが、米国は対話の扉を開いていることを強調している。

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は5日(現地時間)、FOXニュースのインタビューで「楽観的だと言わないが、北朝鮮がテーブルに出てきて我々が合意することができるという一定の希望を持っている」と述べた。北朝鮮が交渉の期限として提示した年末までに北朝鮮の要求が貫徹されなければ北朝鮮が核実験や長距離ミサイル試験発射などをする可能性がある、という見方に対する答弁だった。

オブライエン補佐官は「希望があると考える限り、我々は交渉を継続することで外交を続ける」とし「北朝鮮については依然として希望的」と話した。続いて「我々はまだ合意していないが、合意に到達することを希望する」とし「金正恩(キム・ジョンウン)委員長は朝鮮半島の非核化を約束したし、その約束を守ると希望する」と強調した。

また、2018年に米朝首脳会談を実現させた背景として、トランプ大統領と金正恩国務委員長の首脳外交だけでなく、韓半島(朝鮮半島)近隣に空母を派遣するなど「慎重な武力適用」があったためという説明を加えた。オブライエン補佐官は「大統領は個人的な外交を通じて、また空母をその地域に送る武力誇示および慎重な武力適用を通じて、一連の会談を用意することができた」とし「大統領は金正恩委員長に3回会った」と話した。

年末の期限が近づいて北朝鮮が米国に圧力を加えるために大小の挑発をする可能性が提起される中、交渉再開のジェスチャーを見せる一方、米国の軍事力を喚起しながら挑発を遮断しようという意図と解釈される。

同じ日、コンウェイ米大統領顧問も最近の緊張関係にもかかわらず、米朝間の状況が原点に戻ったわけではないと評価した。記者から「トランプ大統領と金委員長は侮辱、威嚇し合いながらロケットマンという表現まで復活した。原点に戻るということか」という質問を受けたコンウェイ顧問は「私はそれが侮辱なのかは分からない」と答えた。そして「私たちが原点に戻るのかということだが、そうではない」と話した。

前日、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は談話で「数日前、NATO(北大西洋条約機構)首脳会議中に登場した対朝鮮武力使用という表現は憂慮を深めている」とし「年寄りの亡霊がまた始まった」と非難した。

コンウェイ顧問は、「(対北朝鮮)交渉で我々はどの地点にいるのか」という質問を受けると、「世界はトランプ大統領が北朝鮮を、そして日常的なミサイル試験発射を見守っているということを知っている」とし、トランプ大統領が対北朝鮮制裁を維持していると述べた。続いて「私たちは朝鮮半島が非核化にさらに近づくかもしれないということを知っている」とし「完全で検証可能かつ不可逆的な朝鮮半島非核化(CVID)のためにも手を抜かない」と話した。年末の期限に追われて北朝鮮と「バッドディール」をすることはないという原則的な立場を改めて強調したとみられる。

米朝間の舌戦の中でもこれ以上は緊張を高めず状況の悪化を防ごうとする態度は北朝鮮側にもみられる。崔善姫第1外務次官は談話で米国を激しく非難しながらも「トランプ大統領の武力使用発言と比喩呼称が即興的に飛び出した失言であれば幸い」と述べた。

トランプ大統領が3日、NATO首脳会議を控えロンドンで記者らに対し「望まないが、必要なら北朝鮮に武力を使用することもある」「金正恩委員長はロケットを撃つのが好きだ。それで私は彼をロケットマンと呼ぶ」と発言したことを指摘したのだ。

これに先立ち北朝鮮は「クリスマスプレゼントに何を受けるかは米国の選択にかかっている」とし、米国を圧力を加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP