주요 기사 바로가기

青瓦台押収捜索の翌日…文大統領、法務長官に秋美愛氏を指名

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.05 14:53
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5日、共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)議員を次期法務部長官の候補者に指名した。大邱(テグ)で生まれて慶北(キョンブク)女子高校と漢陽(ハンヤン)大学法科大学を卒業した秋氏は第24回司法試験に合格した後、光州(クァンジュ)高裁判事と春川(チュンチョン)・仁川(インチョン)・全州(チョンジュ)地裁判事を務めた。第15代総選挙でソウル広津(クァンジン)乙に出馬して当選した後、17代を除いて20代まで同じ地域で5回当選した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は「憲政史上最初の地方区5選女性政治家で、優れた政治力を発揮してきた。強い所信と改革性は国民の希望である司法改革を実現できると期待している」と話した。前日、検察の青瓦台押収捜索の翌日、秋氏を指名したのは象徴するところが大きい。推進力の強い秋氏を法務部長官職に就かせて「尹錫悦(ユン・ソクヨル)の検察」をけん制するという布石だ。

ニックネームが「チュ・ダルク(秋美愛+ジャンヌ・ダルク)」である秋氏は民主党内で代表的な「強硬派」政治家と評価される。チョ・グク前法務部長官が「私よりさらに強い推進力を発揮する後任者にバトンを渡して(検察改革)最後をお願いしたいと思っている」と述べた、「さらに強い人」として秋氏を念頭に置いたのかは分からないが、政界では「チョ・グク氏よりキャラクターのさらに強い人物」と評価されている。

故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の弾劾に賛成票を投げたことがあり党内でも非文に分類される非主流に近かったが、2015年2月当時新しい政治民主連合の代表を務めた文大統領によって最高委員に指名された後から政治の歩みを共にしてきた。安哲秀(アン・チョルス)系の主軸から離党する時も離党の代わりに文代表を積極的に擁護し、このような理由で2016年8月全党大会で「親文系」から圧倒的な支持を得て党代表になった。民主党系列最初の大邱・慶北出身党代表になった。

法務部長官の下馬評に上るごろ、秋氏の周りでは「党代表まで務めた重量級の政治家が長官につくのは正しくない」と引き止める声が大きかったが、党内の親文主流の説得と司法改革の役割論などで法務部長官候補者職を受諾したという。李海チャン(イ・ヘチャン)代表が「非文」重鎮の中で大統領選挙候補に浮上する可能性がある人物として秋氏に言及したりもしたが、実際により大きな夢を見ているという。このため、秋氏は法務部長官の役割を「成功的」に終えることを第一の課題とするものとみられる。これはまもなく青瓦台を狙っている検察の矛先をどのようにコントロールするか、検察改革はどのように終えるかということに直結しているという意味だ。

法曹界では直ちに秋氏が長官になれば、人事権を通じて検察をけん制しようとするだろうと見通している。青瓦台と法務部は7月末人事の際、検事長級以上の幹部職6席を空けておいた。2月に予定されていた定期人事を1カ月操り上げ、人事権を利用してチョ前長官一家、青瓦台の下命捜査疑惑、ユ・ジェス氏の監察をもみ消そうとした疑惑を担当する捜査チームを解散させると直ちに捜査にブレーキがかかる可能性がある。人事権が‘間接的な手段であれば検察改革は秋氏が検察に向かって振り回せる直接的な手段だ。

キム・オス法務部次官は文大統領に検察の直接捜査部署41カ所の縮小、重要な事件に対する検察総長の長官報告などについて報告した。総長の長官報告に対する世論の反発が強くなると、確定したことがないとして一歩後退したが、秋氏の就任後にこれを再び公論化して押し付ける可能性があるという見方が出てきている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    青瓦台押収捜索の翌日…文大統領、法務長官に秋美愛氏を指名

    2019.12.05 14:53
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)議員
    TOP