주요 기사 바로가기

カン・ダニエル側「うつ病とパニック障害と診断…新曲の活動は困難」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.12.04 14:42
0
歌手カン・ダニエルがうつ病とパニック障害で活動に困難をきたしている。

カン・ダニエル側は4日、「カン・ダニエルは今年上半期から免疫力の低下に伴う頻繁な健康悪化に加えて心理的不安の症状により病院に行き、精密検査で『うつ病とパニック障害』と診断された。以来、継続して心理療法と薬物処方により治療に取り組んできた」と明らかにした。

また「今日(4日)午前に予定されていたMBC(文化放送) MUSIC『SHOW CHAMPION』の事前収録をキャンセルしたが、今後の活動も正常な消化は難しく、事実上デジタルシングル『TOUCHIN』の活動が非常に困難なのが実情」とし、「カン・ダニエルの健康と今後の活動について無理な憶測や誤解はお控え願いたい。回復状況についてご案内できる手段も講じたい」と伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    カン・ダニエル側「うつ病とパニック障害と診断…新曲の活動は困難」

    2019.12.04 14:42
    뉴스 메뉴 보기
    歌手カン・ダニエル
    TOP