주요 기사 바로가기

李洛淵首相、韓国大統領候補選好度で最高値更新

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.03 15:50
0
次期大統領候補の選好度調査で李洛淵(イ・ナギョン)首相が最高値を更新して2位を占めた自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表との格差を拡大した。

世論調査専門機関のリアルメーターがオーマイニュースの依頼で先月25日から29日まで全国の有権者2506人を対象に次期大統領候補の選好度を調査した結果、李首相に対する選好度は27.5%となった。昨年11月調査を始めて以来最高値だ。6カ月連続で1位を占めた李首相の選好度は前月より3.8%ポイント上がった。

李首相の選好度は大邱(テグ)・慶北(キョンブク)と忠清(チュンチョン)、京畿(キョンギ)・仁川(インチョン)、ソウル、40代と50代、60代以上、進歩層と中道層、保守層、民主党・韓国党支持層などほとんどの地域と階層で上昇した。

2位である黄代表は前月の調査より0.4%ポイント上がった20.4%となった。李首相との格差は前月3.7%ポイントから誤差範囲外である7.1%ポイントに広がった。

黄代表は京畿・仁川と釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶南(キョンナム)、40代と20代、50台、正しい未来党支持層では上昇したが、ソウルと大邱・慶北、60代以上と30代、中道層では下落した。

直前の調査で3位だったチョ前長官は検察の捜査が続くにつれ、調査を依頼した報道機関との協議で候補群から外された。さらに、先月4位だった李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が前月より2.1%ポイント上がって3位(8.4%)を記録した。

4位は洪準杓(ホン・ジュンピョ)前韓国党代表は0.6%ポイント下がった4.7%だった。引き続き、正しい未来党の劉承ミン(ユ・スンミン)前代表(4.0%)、正しい未来党の安哲秀(アン・チョルス)前代表(3.3%)、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)代表(3.3%)、金慶洙(キム・ギョンス)慶南知事(3.1%)、自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表(3.0%)、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長(3.0%)、呉世勲(オ・セフン)前ソウル市長(2.4%)、任鍾皙(イム・ジョンソク)前青瓦台秘書室長(1.9%)、民主党の金富謙(キム・ブギョム)議員(1.8%)、元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道(チェジュド)知事(0.9%)の順だった。

「なし」は7.9%、「分からない/無回答」は4.1%となった。

汎進歩・与党系走者群(李洛淵・李在明・沈相ジョン・金慶洙・朴元淳・任鍾皙・金富謙)の選好度合計は1.2%ポイント下がった49.0%だった。

汎保守・野党系走者群(黄教安・洪準杓・劉承ミン・安哲秀・羅卿ウォン・呉世勲・元喜龍)は0.8%ポイント上がった39.0%で、陣営間格差は12.0%ポイントから10.0%ポイントに縮まった。

今回の週間集計は無線電話面接(10%)、無線(70%)・有線(20%)自動回答混用方式、無線電話(80%)と固定電話(20%)並行無作為生成標本抽出枠を通じた任意架電方法で実施された。標本誤差は95%信頼水準で±2.0%ポイントだ。回答率は4.8%。詳しい調査概要と結果は中央選挙世論調査審議委員会のホームページで公開されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李洛淵首相、韓国大統領候補選好度で最高値更新

    2019.12.03 15:50
    뉴스 메뉴 보기
    李洛淵首相
    TOP