주요 기사 바로가기

「韓国観光客の減少が底を打った」という日本…実際は旅行不買が続いた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.03 07:47
0
韓国旅行客の日本旅行不買運動が11月にも続いた。「日本を訪れる韓国人観客数の減少傾向が底を打った」という日本国内の分析とは異なる様相だ。

今月2日、韓国旅行大手モドゥツアーとハナツアーが公開した11月の海外旅行募客資料によると、日本旅行商品の需要は昨年同月よりそれぞれ90.3%、80.4%減少した。

ハナツアーの場合、10月82.3%より減少率は小さかったが、8月(-76.9%)と9月(-75.4%)よりは大きい減少幅を見せた。

11月の韓国人の海外旅行先の中で日本の割合も11.1%にとどまった。9月(9.7%)と10月(8.7%)よりは増えたが、8月(11.7%)よりは低い数値だ。

先月14日、国土交通省九州運輸局の岩月理浩局長は記者会見で韓国と日本、九州を行き来する航空便数が12月以降回復傾向を見せるだろうと見通した。岩月局長は韓国の格安航空会社(LCC)であるイースター航空とエアプサンなど4路線の増便計画を知らせて「(韓国で)過度に日本を避ける動きが和らいでいる」と話した。

だが、この日、両社の資料によると、日本の貿易報復から始まった日本行旅行商品のボイコットは回復する兆しを見せていない。

旅行会社は海外旅行のオフシーズンまで重なり、前年に比べて実績不振が深化したことが分かった。

香港の場合、大規模の反政府デモによる余波で先月、下位圏にとどまった。香港旅行客はハナツアーの基準で82.7%が減少して10月(-73.5%)より急減した。

この中で11月人気のある海外旅行先は東南アジアで、ハナツアーの基準で58.5%、モドゥツアーの基準で59.7%を占めた。東南アジアの次には中国(14.2%)、日本(11.0%)、欧州(7.2%)、南太平洋(6.2%)、米国(2.9%)の順だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国観光客の減少が底を打った」という日本…実際は旅行不買が続いた

    2019.12.03 07:47
    뉴스 메뉴 보기
    日本観光のキャンセルによって韓国と日本を行き来する旅客船のキャンセルが相次いだところ、運休事態が起きている。8月1日釜山東区の釜山港国際旅客埠頭内の出国場前に人がおらず夏季休暇シーズンであるにもかかわらず閑散としている。ソン・ボングン記者
    TOP