주요 기사 바로가기

文大統領「韓半島の平和支援」要請…欧州連合委員長「強固な支持」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.02 11:10
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、欧州連合(EU)欧州委員会のウルズラ・フォンデアライエン次期委員長と電話会談を行い、韓国・欧州連合関係の発展および地域情勢などについて意見を交わした。

フォンデアライエン委員長など欧州連合の新しい指導部はこの日、公式に就任した。フォンデアライエン委員長はドイツ国防長官出身で欧州連合歴史上初めての女性執行委員長になった。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、文大統領はフォンデアライエン委員長就任を祝って「フォンデアライエン委員長の指導力の下でさらに強くなり『正しい変化』に向かう欧州連合になることを期待する」と明らかにした。

フォンデアライエン委員長は「韓国が欧州連合の核心的なパートナー」と強調して「在任の間、欧州連合・韓国関係の発展のために文大統領と緊密に協力していきたい」と回答した。

両首脳は韓国と欧州連合が戦略的なパートナー関係をさらに強固にして地域・国際懸案について緊密に協力しようと同意した。

文大統領はフォンデアライエン委員長が気候変動・環境問題に大きな関心を持っていることに言及して来年6月、ソウルで開かれる「グリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ」(P4G)首脳会議に関心と協力を呼びかけた。

また、欧州連合が韓半島の完全な非核化と恒久的な平和定着のための韓国政府の努力を一貫して支持することに対して謝意を表わした。

欧州連合の新指導部が韓半島の新しい平和構築の旅程に続いて大きな関心を持って支援してほしいと呼びかけた。

これを受け、フォンデアライエン委員長は韓半島の平和定着に向けた文大統領の意志を高く評価するとし、欧州連合次元の強固な支持と連携を約束した。

青瓦台は「この日の電話会談はフォンデアライエン委員長の公式就任をきっかけに主要20カ国・地域(G20)首脳たちとの就任挨拶のために推進された」としながら「欧州連合の新指導部との親密な関係を築き、未来志向的パートナー関係の深化への意志を再確認した契機」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP