주요 기사 바로가기

「検察総長に申し訳ない」…「青瓦台の“下命捜査”」疑惑で行政官が遺体で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.12.02 08:06
0
ぺク・ウォヌ前青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情秘書官(現・民主研究院副院長)が運営していた、いわゆる「ぺク・ウォヌ別動隊」で勤めていた検察捜査官が1日、検察調査を控えて遺体で発見された。該当捜査官は遺書とされるメモで「尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長に申し訳ない」と書き残したことが確認された。検察が「青瓦台による下命捜査」の疑惑をめぐる捜査が速度を出していた中で核心的な参考人が遺体で見つかり、波紋は手のほどこしようもなく拡大するものとみられる。

中央日報の取材結果、ペク氏が別途に組織した民情秘書官室傘下の公職監察専担組織に属していた捜査官A氏(48)はこの日午後3時9分ごろ、知人が運営するソウル瑞草洞(ソチョドン)のある事務室で遺体で見つかった。検察の取り調べを受ける約3時間前だ。

A氏が手書きで作成した遺書には「尹総長に申し訳ない」と書かれていたことが確認された。検察が捜査していた青瓦台による下命捜査をめぐる疑惑に関連し、青瓦台の介入事実を一定部分認めたものという解釈が出てくる可能性もある。A氏は家族への申し訳ない気持ちも遺書に書き残したと伝えられた。A氏の家族と知人は警察の調査で「最近、息子が名門大学の面接を受けることもあったが、信じられない」「うれしいことがあったのに残念だ」と述べたことが分かった。

A氏はこの日午後6時、ソウル中央地検公共捜査第2部(部長キム・テウン)に参考人身分として出席する予定だったが出席しなかった。該当日程は捜査チームとあらかじめ調整されていたことが分かった。検察はA氏らが勤めていた、いわゆる「ぺク・ウォヌ別動隊」が青瓦台民情秘書官室傘下特別監察チームの権限を越えてキム・ギヒョン元蔚山(ウルサン)市長に対する諜報を違法に収集していたという疑惑などを捜査中だ。一部では論議を呼んだ該当諜報文書をA氏が作成したという見方もある。これに先立ち、A氏は蔚山地検でも一度取り調べを受けたことがある。

しかもA氏を含むペク前秘書官傘下の特別監査チームが蔚山警察庁を訪問した状況が明るみに出て違法性をめぐる論議は拡大している。これを受け、青瓦台は「特別監査チームは鯨肉事件のために争う検察と警察間の不協和音をどのように解消するかを調べるために蔚山警察庁を訪問した」と釈明した。

しかし、A氏も関連活動の違法の可能性をある程度認知して周りにこれに関する不安を打ち明けたという。特に、活動範囲の違法性に関する悩みが深かったと伝えられた。民情秘書官室の業務は「国政関連世論収れんおよび民心動向把握」「大統領の親戚など大統領周辺要人に対する管理」だ。しかし、キム前市長は地方自治団体長であり、国会議員出身の政治家として大統領の任命の有無や大統領との関係などで監察の対象に含まれない。

複数の知人によると、A氏は最近青瓦台関係者から「ユ・ジェス氏監察をもみ消した疑惑」の捜査状況を尋ねる連絡を数回受けたとし、知人に苦しさも吐露したと伝えられた。A氏は青瓦台への派遣勤務を終え後、ユ・ジェス前釜山市(プサンシ)経済副市長の監察をもみ消した疑惑を捜査していたソウル東部地検刑事第6部(部長イ・ジョンソプ)で働いていた。A氏は該当捜査には参加しなかった。捜査機密を流出して青瓦台に捜査状況を報告するのは公務上秘密漏洩など違法性の余地が大きいため、A氏の負担が大きかっただろうという見方がある。中央日報は事実確認のために該当青瓦台関係者に数回通話を試みたが連絡がつかなかった。

A氏は李明博(イ・ミョンバク)政府でも青瓦台民情首席室で働いたぐらいに検察内情報収集に関連して「エース」とされてきた。信望も厚かったという。この日、青瓦台関係者は「全く予想しなかったことが起きた。故人の冥福を祈る」としながらも「これ以上のコメントは差し控えたい」と発言を控えた。

該当事件を捜査していたソウル中央地検関係者は「長い間、公務員として奉職しながら強い責任感を基に誠実に勤めてこられた方なのでこのようなことが起きたことに極めて遺憾だと考える」として「遺族の方々に深い哀悼を表わす」と話した。また「故人は最近までも所属検察庁で献身的に勤めてきたと分かっている」として「故人の死亡経緯に対して一点の疑問がないように徹底的に糾明する予定」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「検察総長に申し訳ない」…「青瓦台の“下命捜査”」疑惑で行政官が遺体で発見

    2019.12.02 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    ぺク・ウォヌ前青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情秘書官
    TOP