주요 기사 바로가기

韓経:「韓国の急激な高齢化、経常収支の悪化に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.29 10:17
0
「今年4月に経常収支が赤字に転換したのをみて、貿易指標に影響を及ぼす変数が何かを多角的に考えてみました。高齢化が経常収支の指標にマイナスの影響を与えるという仮説を立てて実証的に検証し、意味のある結果を得ました」。

韓国経済新聞社と韓国経済学会が共同主催し、SK(株)が後援した「第17回韓国経済新聞経済論文公募展」で大賞に選ばれたキム・ハンスさん(成均館大統計学科4年)とクォン・ヒョンジョンさん(成均館大経済学科3年)は論文を作成することになった背景をこのように述べた。

2人が作成した「韓国の経常収支悪化要因分析およびTDH可能性予測-高齢化を中心に」という論文は、高齢化が国家の財政と為替レート、金利などの波及経路を経て経常黒字を減らすという実証分析をしている。審査委員長のファン・スソン成均館大グローバル経済学科教授は28日の授賞式で「興味深いテーマを連立方程式推定と模擬実験で緻密に分析した」と評価した。

2人は統計庁が算出した2019-2022年の高齢者扶養費に基づいて分析した。キムさんは「高齢化が深刻になれば高齢者福祉支出が拡大し、財政収支が悪化する可能性が高い」とし「政府は不足する財政収入を埋めるために負債を増やし、それによって市場金利は上がる」と述べた。続いて「市場金利が上がればウォン高ドル安が進み、経常黒字も減少するという結果が出た」と話した。

2人は成均館大経済学術サークルで会って論文を作成した。キムさんは保険計理士、クォンさんは公正取引法専門の弁護士になるのが夢という。キムさんのチームのほか7チームの研究の成果が認められた。

ソウル女子大のペ・ユジンさん、同徳女子大のチョ・ハヌルさん、明知大のファン・ウンジさん(アフリカの不正腐敗を度外視した中国の対アフリカ投資の問題点)、ソウル大のユン・ヨンギュさん、チョ・ゴンヒさん(失業給与が短期失業者の再就職確率に及ぼす影響)、成均館大のチョ・ウンイルさん、チャン・ギユンさん(経済の不確実性が韓国の経常収支に及ぼす影響に関する研究)の3チームが優秀賞を受けた。

江原大のイ・ゴンウさん、キム・ジョンヒさん、イ・ホングさん(米中貿易戦争が国内総生産に及ぼす影響)、成均館大のバン・ジョンソクさん、パク・ヘヒョンさん(最低賃金の適正引き上げ率に関する経済学的考察)、高麗大のファン・テミンさん、チョン・ファンヒョンさん、ソン・ボヒョンさん(国内移動通信市場需要関数の推定と政策的含意)の3チームは奨励賞を受賞した。

民族史観高のキム・ジェワン君、チョ・ソンユン君(国別勤労時間と文化的傾向性の相関関係の分析)チームの論文は入賞作に選ばれた。

今回の公募展では参加者の名前と大学名を伏せた「ブラインド形式」で審査が行われた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:「韓国の急激な高齢化、経常収支の悪化に」

    2019.11.29 10:17
    뉴스 메뉴 보기
    韓国経済新聞社と韓国経済学会が共同主催した「第17回韓国経済新聞経済論文公募展」の授賞式が28日、ソウル中林洞の韓国経済新聞社映像会議室で開かれた。
    TOP