주요 기사 바로가기

済州南端のアカラ航路、韓国が管制権を取り戻す見通し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.29 07:55
0
最近約1年の間に2度も航空機衝突危険事例が発生した済州(チェジュ)南端のアカラ(AKARA)航路区間のうち、韓国の領空であるにもかかわらず日本が行使していた管制権を取り戻すことになる見通しだ。

28日、韓国国土交通部によると、国際民間航空機関(ICAO)事務局は、最近の理事会でアカラ航路に関連し、▼韓日管制重複区間の管制一元化▼日中路線航路の複線化▼韓中管制直通線の設置--などの改善方案を、来年東京オリンピック(五輪)以前までに推進する基本方向を報告した。

これまでICAOはもちろん国際航空運送協会(IATA)でもアカラ航路周辺の複雑な管制状況に対して懸念を表明してきた。

日中路線の複線化は従来のアカラ航路の他に韓日中をつなぐ新しい航空路を開設し、アカラ航路の交通量を分散させようとの趣旨だ。このような方案は早ければ来年4月ごろ発表される可能性がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP