주요 기사 바로가기

女優シム・ウンギョン、日本の映画祭で最優秀新進女優賞「感慨無量、大切な時間」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.11.28 14:26
0
女優シム・ウンギョンが日本の映画祭で最優秀新進女優賞を受賞した。

映画『新聞記者』で熱演したシム・ウンギョンは第29回TAMA映画賞(TAMA CINEMA FORUM)で最優秀新進女優賞のトロフィーを獲得した。

『新聞記者』は日本の現政権で起きた政治スキャンダルをモチーフにして国とジャーナリズムの裏面を鋭く批判した映画で、シム・ウンギョンは劇中で権力の闇を暴く記者・吉岡エリカ役を演じた。

主催側は「『新聞記者』でシム・ウンギョンの演技力は、言語や思想を超越し、見る人を作品の中に強く引き込み、初めて出演した日本映画で鮮明な印象を残した。今後彼女の足取りを期待せざるを得ない」と授賞の理由を明らかにした。

シム・ウンギョンは「今、心の中が暖かい何かで包まれるような気持ちでいっぱいだ。なぜか実感できないし、とても不思議な気分だ。この時間は人生においてただ一度しかない大切な時間だと考える。普通は一度しかないような経験を、私は二度も経験することができ、それだけでも感謝の気持ちだが、賞までいただき感慨無量だ。周囲のたくさんの皆さんにただ支えられ、足りないところも多い私ができる限りのことを一生懸命にやった。言葉では言い表せないくらい、本当にうれしい」と伝えた。

一方、日本を代表する映画祭であるTAMA映画賞は毎年東京都多摩市で開催されて今年で29回目を迎えた。映画ファンを中心にした市民による映画祭で国内および海外の話題作を中心に上映、監督と俳優をはじめとする多数のゲストを招待したトークイベントなど幅広いプログラムを開催している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優シム・ウンギョン、日本の映画祭で最優秀新進女優賞「感慨無量、大切な時間」

    2019.11.28 14:26
    뉴스 메뉴 보기
    女優シム・ウンギョンが映画『新聞記者』で第29回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞を受賞した。[写真 マネジメントAND]
    TOP