주요 기사 바로가기

<サッカー>ゲームの孫興民の能力値、現実より低く評価

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.27 11:40
0
「(孫興民は)過小評価されている」。最近スペイン紙マルカが「FIFA20(サッカーゲーム)で低評価された選手」と題した記事を掲載した。メインの写真はトッテナムのFW孫興民(ソン・フンミン、27)だった。

マルカは「ソンナウド(孫興民+ロナウド)というニックネームでよく知られている。総合能力値が87点だが、これは低いようだ。パフォーマンスを見ると89点でも異見はないだろう」と主張した。多国籍ゲーム会社EAスポーツは1993年から26年間、FIFAシリーズを出している。実際のサッカー選手の記録に基づいて能力値を数値化し、毎年アップデートする。

今年9月に発売されたFIFA20に登場する世界の選手のうちトップ100の選手を選んで総合能力値を公開した。リオネル・メッシ(バルセロナ)が94点で1位、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が93点で2位だ。孫興民は87点で全体の45位であり、アジアの選手では唯一トップ100に含まれた。

孫興民の場合の速度(88点)、ドリブル(87点)、シュート(86点)、パス(80点)の点数は高かったが、フィジカル(68点)、守備(42点)の点数は低かった。両足の能力は星5つの満点だ。同じく87点を受けた選手はカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)、ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)など。孫興民は昨年の「FIFA19」での84点より3点上がった。昨季の孫興民はトッテナムの欧州チャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。

マルカは最も低く評価された選手にキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン、89点)を選び、その次に孫興民を挙げた。エディン・ジェコ(ASローマ、84点)、イバン・ラキティッチ(バルセロナ、86点)のように仮想ゲームが現実の能力をまともに反映していないということだ。

今季活躍が目立たないクリスティアン・エリクセン(トッテナム)、ポール・ポグバ(マンU)も88点だ。孫興民より1点高い。逆にワールドクラスのFWロベルト・フィルミーノ(リバプール)とフィリペ・コウチーニョ(バイエルン・ミュンヘン)も孫興民より1点低い86点。マルカ紙の指摘とは違い、ゲームユーザーの間では孫興民の能力値について「反論する」という評価と「適正だ」という評価が分かれる。

ミシー・バチュアイ(チェルシー)は実際「FIFA18」で総合能力値が80点と表示されると、不満を表したりもした。孫興民は23日、プレミアリーグのウェストハム戦で先制ゴールを決めるなど今季9得点をマークしている。総合能力値を2点ほど引き上げるべきというマルカ紙の指摘は一理ある。

日本ゲーム会社セガが今月初め発売した「フットボールマネージャー2020(FM2020)」体験版も論議を呼んだ。国内ユーザーの間で「孫興民が低く評価された」という不満が出てきた。

オフ・ザ・ボールの動き(17点)、ゴール決定力(16点)、個人技、ドリブル(以上15点)は良かったが、リーダーシップ(5点)、積極性(8点)は低い評価を受けた。項目別に20点満点だ。

昨季の数値と大きな差はなく、全般的には18歳の日本選手の久保建英(マヨルカ)より少し高い。正式発売されたFM2020では孫興民の瞬間速度は15から17に上方修正された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>ゲームの孫興民の能力値、現実より低く評価

    2019.11.27 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    FIFA20ゲームの孫興民(ソン・フンミン)の総合能力値は87点。ゲームの数値のように孫興民はスピード、ドリブル、シュートが優れ、両足を使える。[写真 FIFA20]
    TOP