주요 기사 바로가기

フランシスコ教皇、安倍首相に会って「国家間の紛争、対話だけが解決可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.26 07:49
0
日本を訪問中のローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は25日、安倍晋三首相と会談し、「民族間、国家間の紛争は、最も深刻な場合でも対話を通じてのみ有効な解決策を見出すことができる」と呼びかけた。

共同通信によると、この日教皇は東京ドームで約5万人が参加するミサを終えた後、首相官邸で安倍首相と会ってこのように述べた。教皇はこの席で、安倍首相と核兵器廃棄や東京オリンピック(五輪)・パラリンピック、死刑制度など幅広い主題について意見を交わした。

教皇は前日に訪れた原子爆弾の被爆地である長崎・広島に関連し、原爆による破壊が再び繰り返されないようにしなければならないと言及し、核問題を一国だけではなく多国次元で扱うべきだと強調したという。

教皇はまた「各国と各民族の文明は、経済力ではなく困窮した人にどれだけ配慮しているか、出生率がどれだけ高いか、そして生命を育てる能力があるかどうかで評価される」と話した。共同通信は、これについて、教皇が世界経済格差の拡大と、日本などで進む少子高齢化問題を指摘したものとみている。

教皇は続いて「地球は私たちが若い世代から奪う所有物ではなく、次世代に譲り渡さなければならない貴重な遺産と考えなければならない」とし、環境問題解決の重要性を力説した。教皇は日本の自然の美しさに言及し、「桜のはかなさ」を地球にたとえながら「弱さについて考えさせられる」と話したと共同通信は伝えた。

安倍首相は今回の教皇との会談で「日本は唯一の戦争被爆国で、核兵器のない世界の実現のために国際社会を主導する使命を抱いている」とし「日本とバチカンは、平和、核なき世界の実現、貧困の撲滅などを重視するパートナー」と話した。これについて教皇は、来年開催される東京五輪・パラリンピックに言及して「人類全体の幸福を願い、連帯精神を育む原動力になると確信している」と答えた。

共同通信は、安倍首相が教皇庁と日本政府間の協力拡大に意欲を示し、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた協力も要請したとみられると報じた。

2人が顔を合わせるのは、2014年6月に安倍首相が教皇庁を訪問してから今回が2回目となる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP