주요 기사 바로가기

青瓦台「GSOMIAで日本に抗議し、確実に謝罪を受けた」…日本の報道を否定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.25 11:04
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)が25日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了猶予に関する日本メディアの報道にまた反論した。

読売新聞は24日、「日本がGSOMIA終了の条件付き延期過程の合意について事実と異なる発表をしたため、抗議をして謝罪を受けた」という青瓦台の発表を日本外務省の幹部が否認した、と報じた。

青瓦台の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官はこの日、記者らに送ったメッセージを通じて「もう一度明確にするが、我々は日本に抗議し、日本側は謝罪をした」とし「読売新聞の報道内容は事実でない」と主張した。

これに先立ち青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は24日、記者らに対し「GSOMIA終了通知効力停止に関連して日本が合意内容を事実と異なる形で発表したことに抗議し、謝罪を受けた」と述べた。

すると、読売新聞は同日、「外務省のある幹部が『そのような事実はない』と否認した」と報じた。

これに対し尹首席秘書官は「鄭室長の発言について日本政府の誰も我々に『事実でない』「謝罪したことはない』と話していない」とし「日本側が謝罪したことがないのなら、公式ルートを通じて抗議してくるだろう」と指摘した。

読売新聞の報道で韓日間の真実攻防の様相が表れると、尹首席秘書官は「真実ゲームは日本と韓国のメディアが作り出している。真実は定まっている」と強調した。尹首席秘書官は「読売新聞の報道があったというのは事実だが、『そのような事実(日本が謝罪したという事実)はなかった』という読売新聞の報道内容は事実でない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP