주요 기사 바로가기

文大統領「素材・部品・装備供給が安定すれば、誰も韓国半導体を揺さぶることはできない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.22 14:29
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が22日、「我々の半導体産業の競争力に加え、素材・部品・装備の供給が安定的になれば、半導体製造強国の大韓民国を誰も揺さぶることはできないだろう」と強調した。

文大統領はこの日午前、忠清南道天安(チョナン)MEMCコリアで開催された「シリコンウェハー第2工場竣工式」に出席し、「(7月の日本政府の輸出規制措置以降)韓国企業と政府は素材・部品・装備需給安定化維持のために国内生産拡大と輸入代替努力に拍車を加えてきた」とし、このように明らかにした。

MEMCコリアは半導体の核心素材シリコンウェハーを生産する中堅企業。台湾資本のグローバルウェーハズが100%出資した外国人投資企業だ。国内半導体企業がシリコンウェハーの65%を海外から輸入している中、国内の自給拡大に意味のある寄与をしていると評価されている。

文大統領は日本の輸出規制がきっかけとなった素材・部品・装備企業の競争力強化の一環として竣工式に出席したというのが、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の説明だ。経済分野で日本を越えることができるという「克日精神」強調レベルとも解釈できる。特に韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を目前にした時点でのこのような発言は事実上、GSOMIA終了宣言を念頭に置いているという分析もある。

文大統領は「(日本の輸出規制品目の)液体フッ化水素の国内生産能力が2倍に増え、需要企業が実証テストを進めている」とし「フッ化水素ガスとフッ化ポリイミドは年内完工を目標に新規生産工場を建設中で、近いうちに完工して来年から量産に入る予定」と述べた。また「政府も企業の需給安定性のために最善を尽くしている」とし「需給対応支援センターを設置し、特別延長勤務、工場新増設許認可や資金支援など企業の困難を迅速に解決している」と紹介した。

政府レベルの素材・部品・装備産業強化努力も説明した。文大統領は「素材・部品・装備特別法改正で素材・部品・装備特別会計を新設し、来年度の関連予算を今年の倍以上の2兆1000億ウォン(約2000億円)とした」とし「10月に発足した素材・部品・装備競争力委員会を中心に企業間の協力モデル構築と制度改善も強く推進する」と明らかにした。続いて「政府の素材・部品・装備産業支援対策は外国人投資企業にも同じく適用される」とし「韓国により多く投資し、生産と研究開発活動をさらに増やすことを期待する」と促した。

文大統領は「MEMCコリアとグローバルウェーハズは第2工場を通じて生産を2倍に拡大するという目標で、来年までに計4億6000万ドルの果敢な投資を決めた」とし「核心素材の半導体シリコンウェハー分野で民間企業、特にグローバル外国企業が国内に果敢な先制投資をしたのには大きな意味がある」と強調した。さらに「シリコンウェハーは半導体集積回路を描く円板で、半導体が産業の『コメ』ならウェハーは『田』だ。半導体を作り出す核心素材で、今まで海外からの輸入に大きく依存してきた」とし「現在、我々の半導体企業はシリコンウェハーの65%を輸入しているが、MEMCコリア第2工場で生産を拡大すれば海外輸入分のうち9%を国内生産に変えることができる」と説明した。

文大統領は「今回の投資と第2工場の竣工をきっかけに、今後より多くの素材・部品・装備産業の民間投資が全国各地で活発になることを期待する」と述べた。

文大統領は「MEMCコリア第2工場竣工にはもう一つの大きな意味がある」とし「外国投資企業が核心素材関連の国内工場の増設に投資したという事実で、韓国への投資が魅力的で安全だということを世界に知らせることになった」と評価した。最後に「韓国は外国人投資企業に大きく開かれている」とし「常に歓迎して一緒にすることを改めて約束する」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「素材・部品・装備供給が安定すれば、誰も韓国半導体を揺さぶることはできない」

    2019.11.22 14:29
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP