주요 기사 바로가기

東京五輪の空手競技場マット、1円落札で「不当廉売」指摘

ⓒ 中央日報日本語版2019.11.21 13:47
0
東京オリンピック・パラリンピックの空手競技場マットの落札価格が1円だったことが明らかになった。

東京五輪の空手競技場と練習場に敷かれる競技マットの入札には7月5日に4社が参加し、その結果が先月、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会のホームページで発表された。

入札の結果が発表された当時、組織委はマットの落札価格を公表しなかった。しかし大会組織委は20日、朝日新聞に対してマット落札値格が1円であったことを認め、「今後の過度な競争につながるおそれもある」と非公表の理由を明らかにした。正常なマットの価格は約400万円という。

落札会社側は東京オリンピックを通じて自社製品を広報するために入札価格を1円に決めたと明らかにした。五輪の競技場にマットを供給すれば宣伝効果が大きいからだ。

しかし1円入札は日本の独占禁止法が禁止する「不当廉売」に該当するという指摘もある。関係者は不当廉売の疑いで公正取引委員会に事案を申告する方針という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP