주요 기사 바로가기

光棍節に韓国製品の売り上げ1位は中堅化粧品A.H.C.

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.21 11:40
0
中国電子商取引業者アリババグループが去る11日、中国最大のショッピング祭り(光棍節)で人気を得た製品を一部公開した。韓国化粧品・マスクパックなど「Kビューティー(K-beauty・韓国製化粧品)」が中国の消費者をひきつけた。特に、韓国の中小ビューティーブランドがメジャーブランドよりさらに多く売れたことが確認された。

アリババグループのチョン・ヒョングォン韓国総括代表は20日、ソウル駅三洞(ヨクサムドン)で記者懇談会を開催し、歴代最大の売り上げ記録を塗り替えた今年の光棍節で人気を呼んだ韓国製品を紹介した。20万以上のブランドの中で一日の売り上げ1億中国元(約15憶円)を記録したブランドは299個だ。この中で5.4%(16個)が韓国ブランドだ。光棍節の売上額を国別にみると、韓国製は日本・米国に続いて3番目に多く売れた(中国現地製品除外)。

中国人が好むブランドと知らされた雪花秀・呂(アモーレパシフィック)やThe history of 后・スム37°(su:m37°)(LG生活健康)など韓国の大手系列のブランドより中小企業のブランドがさらに多く販売されて目を引いた。すべての韓国製品の中で光棍節期間に最も多く売れたのは韓国の化粧品ブランドA.H.C.だった。全世界20万個のブランドからみても総合販売順位4位を占めた。ブランドを運営するカーバーコリア(CARVERKOREA)は2017年、世界の化粧品企業ユニリーバが3兆565億ウォン(約2800憶円)で買収したが、依然としてKビューティー製品に分類される。

韓国の中堅化粧品ブランドの躍進はこれだけではない。マスクパックで有名なジェイジュンコスメチック(Jayjun)は光棍節当日だけで約500万枚に達するマスクパックを販売した。世界的な化粧品ブランド、エスティ・ローダー(ESTEE LAUDER)が1兆3000億ウォンで18日に買収を発表したドクタージャルトも光棍節期間に相当な販売量を誇った。一方、LG生活健康の化粧品ブランド〔The history of 后・スム37°・オフィ(O HUI)・ビリーフ(belif)・VDL〕は光棍節の売り上げ上位10位の韓国ブランドに入らなかった。アモーレパシフィックは3位(LANEIGE)と10位(呂)にのぼり面子を保つ水準だった。

韓国大手系列より中小企業系列の製品が中国消費者に人気を得た理由について、チョン代表は「アリババグループは中小企業と中長期パートナーシップを締結して売り上げの目標・マーケティング・直取引の比率などを協議してきた」と話した。また「依然としてアリババグループは韓国ブランドと協力できる機会が多いと考える」として「韓国企業が積極的にアリババグループのプラットホームに参加すれば、中国消費者にブランド・製品の認知度をアップすることができるだろう」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    光棍節に韓国製品の売り上げ1位は中堅化粧品A.H.C.

    2019.11.21 11:40
    뉴스 메뉴 보기
    アリババグループのチョン・ヒョングォン韓国総括代表が2019年光棍節期間の韓国製品の活躍像を紹介した。
    TOP