주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の「ワニの口」グラフも日本の後を追う?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.21 08:59
0
2011年7月、東京で開かれた韓日財務長官会議。当時同席した日本財務省の真砂靖・主計局長(韓国の予算室長に該当)は「日本の前轍を踏むな」といいながら韓国官僚の前にあるグラフを取り出して見せた。日本政府の歳入と歳出の流れをまとめたものだった。真砂局長は「日本ではこれを『ワニの口グラフ』と呼んでいる」と紹介した。

1973年から福祉を大幅に拡大した日本は1990年代に経済バブルがはじけたが、借金をしながら福祉予算を埋めた。その結果、80年代末までは並行状態だった日本の歳入・歳出は1990年から方向を別にするようになる。歳出は増え続けるのに歳入が減少しながら両者の距離はますます開いていった。ぱっくりと開いたワニの口のような形になったのだ。真砂局長は「これを予測できなかったことは痛恨の極み」とした。2012年安倍晋三首相の攻撃的な成長政策のおかげで歳入は再び増え始めたが、依然として広がった口を閉じる方向に持っていくには力不足だ。

8年前の真砂局長の忠告にもかかわらず、韓国は日本が進んだ道をそのままたどっている。今年7-9月期までの政府の統合財政収支は26兆5000億ウォン(約2兆4560億円)の赤字で、今年「マイナス」を記録するものと予想される。政府の費用は膨らんだが、景気低迷や企業実績の不振で税収は減少した影響だ。来年以降の財政状況も赤信号だ。2019~2023年の中期財政運用計画を見ると、5年間の年平均財政支出は6.5%増える反面、国税収入は3.4%の増加にとどまりながら、2023年の国家債務は1000兆ウォンを越えて国家債務比率は46.4%に達する。韓国租税財政研究院長と統計庁長を歴任した財政専門家のパク・ヒョンス・ソウル市立大教授は「韓国がワニの口の開始点にいるのではないか心配になる」と話した。

それでも青瓦台(チョンワデ、大統領府)や政府・与党の人々は税金で作った高齢者雇用や短期アルバイト、バラマキ式の現金性福祉支出などで財政支出をさらに増やす勢いだ。圧巻は高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官の言葉だ。「倉庫に作物を貯めておくと腐ってしまう」としながら「困難な時に使うために倉庫に財政を備蓄しておくのだ」と話した。だが、韓国の国家の蔵には備蓄した作物そのものがなく、借りて使う有様だ。財政に対する概念自体を知らないようだ。

拡張財政をするなということではない。必要なところにしっかり使えということだ。それでこそ国家のマイナス通帳残高が増えるのを少しでも遅らせ、執行の効率性を高めることができるからだ。今のように「総選挙用」と疑われるようなバラマキ財政拡張に重点を置くなら、その後遺症は次世代が引き受けなければならなくなる。

ソン・ヘヨン/経済政策チーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】韓国の「ワニの口」グラフも日本の後を追う?

    2019.11.21 08:59
    뉴스 메뉴 보기
    ワニの口のような日本の財政。グラフィック=キム・ジュウォン記者
    TOP