주요 기사 바로가기

米国務省副長官と次官補、日本でG20外相会議に出席…GSOMIA協議に注目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.21 08:42
0
米国国務省は20日、サリバン副長官とスティルウェル次官補(東アジア太平洋担当)が日本を訪問すると明らかにした。

国務省がこの日明らかにしたところによると、彼らは22~23日に開かれるG20外相会議出席のため日本を訪れる。

韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が23日に終了する予定の中で特にスティルウェル次官補の訪日期間に米国の役割摸索と韓米日3国間に向けた大詰めの協議がなされるのか注目される。これに先立ちスティルウェル次官補は今月初めに日本と韓国を訪問し、韓日GSOMIAを維持すべきという米国の立場を伝えている。

国務省によると、スティルウェル次官補は19日から22日まで東京を訪問し日本の外務省高位当局者らと会合する予定で、その後名古屋に移動してG20外相会議に参加する。サリバン副長官はG20外相会議に参加する米代表団を率いて21日から24日まで名古屋を訪問する。

国務省は「サリバン副長官はG20会議で貿易、アフリカ、持続可能な開発目標を含め広範囲な問題に対し議論する予定」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP