주요 기사 바로가기

グラミー賞の壁は高かったのか…防弾少年団、グラミー賞のノミネート不発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.21 08:04
0
グループ防弾少年団(BTS)が米グラミー賞の進出をもう一度逃がした。全米レコード芸術科学アカデミー(NARAS)は20日(現地時間)、「第62回グラミー賞(Grammy Awards)」の84部門の候補リストを公開したが、防弾少年団の指名が予想された新人賞部門の候補リストには選ばれなかった。

新人賞部門にはブラック・ピューマズ、ビリー・アイリッシュ、リル・ナズ・X、Lizzoなど8チームが選ばれた。防弾少年団は昨年から「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」または「新人賞(The Best new artist)」などの部門で候補に含まれるものと予想されたが、昨年第61回グラミー賞に続いて今回もノミネートに失敗した。

「最優秀レコード賞(Record of the year)」部門にはボン・イヴェールの『Hey,Ma』、ビリー・アイリッシュの『BAD GUY』、アリアナ・グランデの『7 RINGS』、カリードの『TALK』、Lizzoの『TRUTH HURTS』など8曲がノミネートされた。

「最優秀アルバム賞(Album of the year)」部門ではボン・イヴェールの『i、i』、アリアナ・グランデの『THANK U、NEXT』、リル・ナズ・Xの『7』など8枚のアルバムが競合する。

「最優秀楽曲賞(Songs of the year)」はビリー・アイリッシュの『BAD GUY』、H.E.R.の『HARD PLACE』、テイラー・スウィフトの『LOVER』など8曲がノミネートされた。

防弾少年団は4月に発売したアルバム『Map of the Soul:Persona』がビルボードのメインアルバムチャートである「ビルボード200」のトップになり、1年2カ月間のワールドツアーで計200万人以上の観客を集めるなど世界的に成功的な活動を続けてきた。

グラミー賞の候補にも無難に入るだろうと予測されてきた。今年2月に開かれた第61回グラミー賞で「最優秀R&Bアルバム賞」の授賞者となり、グラミー賞を主催するNARASの会員に選ばれたためグラミーが防弾少年団の影響力を認知していると判断された。

しかし、グラミー賞が非英語圏のアーティストやヒップホップ・ダンス音楽に排他的という認識があり、一部では防弾少年団のノミネートの可能性を小さいものと占った。

防弾少年団は米ポップ界3大授賞式の中で「ビルボード・ミュージック・アワード」と「アメリカン・ミュージック・アワード」で主な賞を受賞した。防弾少年団は5月、米国「ビルボード・ミュージック・アワード」で「トップ・デュオ/グループ賞」と「トップ・ソーシャル・アーティスト賞」を受けた。「アメリカン・ミュージック・アワード」(AMAs)の場合、昨年「フェイバリット・ソーシャル・アーティスト賞」を受け、今月24日に開かれる今年の授賞式でも3部門の候補に進出している。

今回も「グラミー賞」のノミネートは失敗に終わったが、彼らの「グラミー賞」への挑戦は続くものとみられる。

NARASが主催する「グラミー賞」は米国音楽賞の中で最も大きい規模と権威を誇る。ポップ界の最高権威授賞式ではあるが、他の授賞式に比べて保守的という評価を得ているということから非英語圏のアジア系歌手にはさらに壁が高い。音楽家・音楽産業業界従事者などで構成されたNARASの会員の投票により受賞者を選ぶということから、大衆的な人気よりは芸術性と音楽的能力に重きを置く傾向がある。これに先立つ2つの授賞式で防弾少年団は「ソーシャル・アーティスト賞」を席巻したが、「グラミー賞」にはソーシャル関連授賞がないという点もノミネートされなかった原因になった可能性もあるという分析だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    グラミー賞の壁は高かったのか…防弾少年団、グラミー賞のノミネート不発

    2019.11.21 08:04
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団(BTS)が先月、ソウル蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で開かれたワールドツアー「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」のフィナーレコンサートの舞台に上がった姿。[写真 Big Hitエンターテインメント]
    TOP