주요 기사 바로가기

日本訪れた韓国人観光客は昨年の3分の1水準…減少幅も拡大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.20 17:27
0
日本を訪問する韓国人旅行者の減少が続いている。20日、日本政府観光局の発表によると、先月日本を訪問した韓国人旅行者数は19万7300人で、前年同月比65.5%急減した。1年間で規模が3分の1に減ったのだ。

9月に58.1%減少したものと比較すると、減少幅も大きくなった。日本を訪問した外国人旅行者数は249万6600人で、前年同月比5.5%減少し、2カ月ぶりにマイナスを記録した。韓国人旅行者の急減が影響を及ぼしたものと分析される。

しかし、このような基調が続くかは未知数だ。日本観光当局は冬が近づき九州などの温泉旅行の需要が増えると見込んでいる。実際、イースター航空は9月に運航を停止した仁川(インチョン)-宮崎路線の運航を来月再開する予定だ。また、エアプサンは8月に週14回に減便した釜山(プサン)-福岡路線を12月末から週28回に戻すと伝えられた。

韓国の対日本輸入の減少傾向も続いていることが分かった。日本財務省が20日に発表した10月の貿易統計によると、日本の韓国輸出は前年同月比23.1%急減した。15.9%減少した昨年9月より下落幅が大きかった。このような減少は12カ月連続で続いている。

日本経済新聞は「品目別にみると化学薬品や一般機械など幅広い分野で2ケタのマイナス」とし「韓国内での日本製品の不買運動などが影響した可能性がある」と報じた。特にビールなどの食料品(58.1%↓)と乗用車(70.7%↓)は大幅に減少した。

日本の全輸入額は前年同月比14.8%減の6兆5601億円を記録した。朝日新聞は原油価格の下落が最も大きな要因だと伝えた。韓国からの輸入も12%減少し、10カ月連続でマイナスを記録している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本訪れた韓国人観光客は昨年の3分の1水準…減少幅も拡大

    2019.11.20 17:27
    뉴스 메뉴 보기
    旅行シーズンで多くの人々で込み合う仁川国際空港
    TOP