주요 기사 바로가기

<プレミア12>敗戦の理由より重要な敗戦「以後」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.19 14:32
0
2006年12月2日、ドーハ・アジア競技大会の野球の韓日戦。韓国の先発投手はかなり緊張していたようだ。4-0とリードした3回裏、四球2つを出して一死一、二塁となった。その後、2点二塁打、2点本塁打を打たれて降板した。韓国は7-7の同点に追いついた。しかし韓国の抑え投手は9回裏、サヨナラ3ランを浴びた。その2日前に台湾に2-4で敗れていた韓国は、社会人リーグ選手で構成された日本代表に勝てると思っていた。衝撃の7-10逆転負け。韓国オールスターチームがアジア競技大会で銅メダルに終わったこの事件は「ドーハの惨事」と呼ばれている。

日本戦の韓国の先発は柳賢振(リュ・ヒョンジン、32)、抑え投手は呉昇桓(オ・スンファン、37)だった。後にメジャーリーグ(MLB)でトップ級の投手になった2人の最初のアジア競技大会はこのように苦い経験となった。数年後に韓国代表のテーブルセッターとして活躍した鄭根宇(チョン・グンウ、37)、李容圭(イ・ヨンギュ、34)もドーハでは持ち味を出せなかった。

惨事の9カ月前、韓国野球はメジャーリーガーが出場した第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)でベスト4に入った。力で劣る韓国が予選で米国と日本を連破した。自負心が強まった。しかし「ドーハの惨事」は大きな期待を裏切ることになった。WBCの成果は朴賛浩(パク・チャンホ)、李承ヨプ(イ・スンヨプ)、徐在応(ソ・ジェウン)、金炳賢(キム・ビョンヒョン)ら当時の海外組の存在が大きかった。

「ドーハの惨事」の当事者は非難を浴びた。当時20代だった選手たちのストレスは大きかった。しかし彼らは悔しさを乗り越えて前へ進んだ。彼らは2008年北京オリンピック(五輪)金メダル、2009年WBC準優勝の主役に成長した。

12日、韓国はプレミア12のスーパーラウンドで台湾に0-7で大敗した。16日のスーパーラウンド(8-10敗戦)、17日の決勝戦(3-5敗戦)で対戦した日本はアジア競技大会当時とは違ってプロ選抜チームだった。16日の日本戦の5回表、一死満塁から姜白虎(カン・ベクホ)の右翼フライでタッチアップした三塁走者の李政厚(イ・ジョンフ)が刺されたプレーは理解しがたかった。5回裏、一死二塁の場面で左翼手・金賢洙(キム・ヒョンス)の捕球ミスも残念だった。17日の決勝戦で3回表の金河成(キム・ハソン)の無理な二塁走塁、3回裏に三塁手・許敬民(ホ・ギョンミン)が許した内野安打、5回表に挟殺された一塁走者の金相洙(キム・サンス)など、細かいプレーで負けた。力とスピードで劣っても守備と走塁でスキを見せなかった過去の韓国代表チームとは全く違った。とはいえ、これが敗戦の根本的な原因ではない。

原因は別にある。梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン)、金広鉉(キム・グァンヒョン)に依存した先発陣は限界を見せた。中心打者の朴炳鎬(パク・ビョンホ、大会打率1割7分9厘)、金宰煥(キム・ジェファン、1割6分0厘)、梁義智(ヤン・ウィジ、8分7厘)の不振も深刻だった。計画通りにいかなくても、金卿文監督は先発陣と中心打線を最後まで維持した。敗戦の理由はこのように明確だ。重要なのは敗戦の後だ。

韓国は今大会の最優先目標である東京オリンピック(五輪)の出場権はつかんだ。本当の勝負は来年8月だ。五輪を控えて金監督は若い選手たちをプレミア12に連れて行った。16日に李承鎬(イ・スンホ)を先発投手に起用し、四球を連発する高宇錫(コ・ウソク)にイニングが終わるまで任せたのは来年の五輪のためだ。

プレミア12で李映河(イ・ヨンハ)は8イニング1/3で1失点と、マウンドの主軸になった。李政厚(打率3割8分5厘)、姜白虎(3割3分3厘)の急成長も確認した。中堅選手になったチョ尚佑(チョ・サンウ)、金河成、金相洙、許敬民も試行錯誤した。「ドーハの惨事」が「北京の奇跡」の基礎になったように、金監督と選手たちは今回の失敗に苦しむだけではいけない。さらに慎重に、さらに強くなる契機にしなければいけない。

日本代表の稲葉篤紀監督は優勝後に喜びの涙を流した。稲葉監督は「韓国はやはり強い。2試合勝ったが、紙一重だった」と語った。それはリップサービスだった。この言葉をそのまま受け止めないことを望む。紙一重でも覆せなければ結果は変わらない。残された時間は多くない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <プレミア12>敗戦の理由より重要な敗戦「以後」

    2019.11.19 14:32
    뉴스 메뉴 보기
    帰国後、取材陣のインタビューに応じた金卿文監督 仁川=チョン・シジョン記者
    TOP