주요 기사 바로가기

韓vs日米、GSOMIAをめぐる異見確認…韓国国防長官「歴史問題で難関」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.18 07:17
0
韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了時限をあと5日残して開かれた韓日米3カ国国防相会議でも韓日間の平行線は続いた。マーク・エスパー米国防長官はこの日、タイ・バンコクのアヴァニ・リバーサイドホテルで開かれた3カ国会談の冒頭発言で「同盟国間情報共有の重要性について議論するだろう」とし「皆が共通の目標を達成するために緊密に協力するのが重要だ」と強調した。引き続き「これは中国と北朝鮮に得になる二国間問題を克服するということを意味する」と明示した。「二国間問題」はGSOMIAの終了で、終了決定を撤回するよう求めることだ。河野太郎防衛相も「すべきことは3カ国間防衛協力を持続的に増進して地域平和と安定維持のためにすべての努力を注ぐこと」と3カ国間協力を強調した。

反面、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)韓国国防部長官は「北東アジア地域の強大国は力の論理で自国の利益と影響力を拡大しようとする立場が目立ち、領域内の不安定をもたらしている」として「最近では隣接友好国である韓日間にも歴史・政治・経済問題で安保協力が大小の難関に直面している残念な瞬間」と指摘した。日本の輸出規制が根本的な原因という意味だ。

国防部は会談後、韓日米共同メディア報道文を通じて「情報共有とハイレベル政策協議、合同演習を含む3カ国間安保協力を増進させていくことにした」と明らかにした。軍当局者は「GSOMIAの維持を前提とするものではない」として「過去にも出てきた原則的な水準の文言」と話した。

この日の会議場ではエスパー長官、鄭長官、河野防衛相の順に入って写真撮影をした。鄭長官が握手してから写真撮影を提案して3人の長官が手を握ったが、中央に立ったエスパー長官が鄭長官と河野防衛相の手をかたく握って「同盟、同盟でしょう?(allies,allies right?)」と話した。韓日国防相は笑った。交錯する韓日と両国を引っ張る米国という現在の韓日米構図そのものだった。

この日に先立って開かれた韓日国防相会談場に入場しながら鄭長官は「両側の肯定的な気流があるか」という質問に「ない」と短く答えた。鄭長官は会談終了後の記者懇談会で「日本はGSOMIAを継続して維持していくことを希望するという立場を明らかにした」と説明した。鄭長官は「その後(6月以降)日本が輸出規制措置を取って『(韓国が)安保上の信頼を損ねてそのような措置を取るしかなかった』と言ったため、GSOMIAの終了を決めるしかなかったと話した」と伝えた。鄭長官は日本の態度変化の可能性について「今言えることがない」と答えた。NHKと時事通信など日本のメディアも「この日、両国国防相会談が平行線で終わった」と報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP