주요 기사 바로가기

<プレミア12>李承鎬、スーパーラウンド韓日戦の先発投手

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.11.16 12:44
0
韓国が今大会最初の韓日戦の先発投手に若手の左腕投手、李承鎬(イ・スンホ、20、キウム)を予告した。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は15日、2019プレミア12のスーパーラウンド韓国-メキシコ戦が終わった後、16日午後7時に東京ドームで行われる韓国-日本のスーパーラウンド試合の先発投手を李承鎬と岸孝之(楽天)と発表した。

当初、日本戦の先発投手は韓国代表のエース、梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、起亜)が有力視された。しかし韓国がメキシコに勝って2020東京オリンピック(五輪)進出と決勝進出を同時に決定したことで、スーパーラウンドの試合に全力を注ぐ理由がなくなった。むしろ日本との2戦目となる17日の決勝戦に左腕ワンツーパンチの梁ヒョン種と金広鉉(キム・グァンヒョン、SK)を活用する機会を得た。梁ヒョン種が決勝戦に登板すれば、5日間の十分な休養後にマウンドに立つことができる。

韓国代表で初めて選抜された李承鎬は8日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームで行われた1次ラウンドのキューバ戦で9回の1イニングを無失点に抑えた。所属チームのキウムでは今季、先発投手として活躍し、23試合に登板して8勝5敗、防御率4.48をマークした。

金卿文(キム・ギョンムン)監督は「明日が最後の試合なら李承鎬を先発で出す考えはなかった。翌日が決勝なので疲労がたまっている選手は決勝戦に送り出す」とし「これまで出場できなかった選手を先に出して、チームのために苦労が多かった選手は後に投入し、幅広く選手を起用しながら試合を進める考え」と述べた。

チェ・イルオン投手コーチも「あえてスーパーラウンドの日本戦に梁ヒョン種を登板させる理由がなくなった」とし「五輪のチケットがかかった試合なら梁ヒョン種が犠牲にしたが、今の状況なら決勝戦に出すのがよい」と説明した。続いて「李承鎬も韓日戦を経験するのがよい」とし「実際、李承鎬は左腕のワンポイントリリーフで起用し、こういう状況になれば先発投手として出そうという考えで選んだ。(望み通り)最も良い状況になった」と歓迎した。

李承鎬とバッテリーを組む主力捕手の梁義智(ヤン・ウィジ、NC)は「李承鎬が韓日戦でうまく投げそうだ」とし「ひとまず肩が新鮮であり、韓国でも球威が良かった。ロケーションが本当に良い投手」と期待を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP