주요 기사 바로가기

チョ・グク前韓国法務部長官の取り調べ…8時間の間、何も答えなかった(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.15 08:33
0
チョ・グク前法務部長官が14日、検察に出頭して8時間の間取り調べを受けた。子供の入試不正とチョ・グク氏家族ファンド、熊東(ウンドン)学園の虚偽訴訟関連疑惑が持たれる被疑者身分としてだ。この日の召喚は8月27日全方位的な押収捜索によって強制捜査が始まって以来79日、チョ前長官が先月14日法務部長官職から辞退して1カ月ぶりに行われた。ソウル中央地検反腐敗捜査第2部(部長コ・ヒョンゴン)はこの日午前9時30分からチョ前長官を呼んで午後5時35分ごろまで弁護人の立ち会いの下で今まで提起された各種疑惑をめぐる事実関係を問い詰めた。

チョ前長官はこの日、検察の取り調べを受けて供述拒否権(黙秘権)を行使した。検査の被疑者尋問に何も答えなかったという。検察はチョ前長官の召喚を控えて膨大な分量の質問紙を準備した。検察はチョ前長官が15件の容疑で裁判に渡された妻の東洋(トンヤン)大学のチョン・ギョンシム教授と相当数の容疑を共有しているとみている。チョ前長官に質問する内容が多いしかない理由だ。

チョ前長官が供述を拒否するからといって取り調べを担当する検事が数回にわたって同じ内容を尋ねたりはしなかった。この日の取り調べは捜査内容に基づいて事前に作成した質問紙にしたがって行われたという。チョ前長官が供述を拒否して調書には質問とともに供述拒否権の行使に対する記録だけが残されたという。

チョ長官はこの日の取り調べを終えた後、出てきた弁護団を通じて記者に携帯メールを送り「前職法務部長官として惨憺たる心境」として供述拒否権を行使することになった背景を説明した。チョ前長官は「妻の控訴状とメディアなどで私に関連して取り上げられている容疑全体が事実と違うものなので明確に否認する立場であることを数回明らかにしてきた」として「このような状況でいちいち答えて釈明するのが窮屈で不要だと判断した」と明らかにした。

また、チョ前長官は「長い間捜査をしてきたから捜査チームが起訴するかどうかを決めれば法廷ですべてのことについて是非を問うて真実を明らかにしたいと思う」と伝えた。これを受け、検察特捜部出身弁護士は「チョ前長官は検察にいかなる反論をしてもどうせ起訴されるから自身のカードを見せなかったと思われる」と話した。起訴された被疑者と弁護人が受ける検察の証拠記録を調べた後、裁判で反論しようとするということだ。だが、ある現職部長検事は「チョ前長官がフェイスブックではそんなに悔しさを訴えたが、なぜ検察庁地下駐車場に密かに入ってきて取り調べでは口を閉じたのか理解し難い」と話した。 チョ・グク前韓国法務部長官の取り調べ…8時間の間、何も答えなかった(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チョ・グク前韓国法務部長官の取り調べ…8時間の間、何も答えなかった(1)

    2019.11.15 08:33
    뉴스 메뉴 보기
    チョ・グク前法務部長官
    TOP