주요 기사 바로가기

米国防長官「在韓米軍の縮小は考えていない…GSOMIA必ず維持されるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.14 10:52
0
米国のマーク・エスパー国防長官が13日(現地時間)、「在韓米軍の縮小は考えていない」と断言した。「韓半島(朝鮮半島)と周辺、米国内に非常に有能な軍隊を維持し、いかなる万一の事態にも備えるため」としながらだ。エスパー長官は「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)は北朝鮮の挑発に時期適切に情報を共有するために必ず維持されるべきだ」とも話した。防衛費分担金に対しては「国務省が交渉を主導する」として言葉を慎みながらも「相当な増額を要求している」と話した。

エスパー長官はこの日、訪韓途中の軍用機内で記者が北朝鮮と外交に関連して兵力縮小や軍事訓練縮小など軍事的調整の必要性はないかと聞く質問に「私は現在(at this time)考えないでいる」と答えた。あわせて「我々は韓半島内とその周辺、そして米国に非常に有能な軍隊を維持している」とし「そのようにすることによって、我々はいつでも、いかなる万一の事態(contingency)にも備えている」とした。エスパー長官は「訓練態勢は外交が要求するものに沿って多少調整するだろう」と付け加えた。

北朝鮮国務委員会報道官が、米国がアプローチ法を変えるよう年末の期限を強調したことに対して「真剣に受け止めている」としながらも「私と国防総省の任務は対備態勢を確保し、紛争を抑止し、紛争が発生すれば戦う準備をして勝利すること」と答えたことに続く発言だ。

続いて「我々は韓半島で引き続き対備態勢を構築し、維持する」としながら「それが外交官に我々のバックアップを受けているという確信を持たせ、彼らが任務を遂行できるようにしている」と話した。あわせて「我々は(北朝鮮と)外交が続くようにしていかなければならず、対話が進行中だと承知している」と「最上の進展案は、できるなら政治的合意を通じたもの」とも話した。

エスパー長官は韓日GSOMIAに対して「私のメッセージは非常に明らかで、2カ月前に伝えたものと全く同じ」とし「GSOMIAは必ず維持されなければならず、北朝鮮のある一定の挑発の形態は特に時期適切な方式で情報を共有することが非常に重要」とした。

エスパー長官はまた「私は自分の同僚の長官に、他の問題は克服し、我々が同盟として北朝鮮の悪い行為を抑止するためにどう協力することができるか集中しようと求めている」と話した。「その次に長期的に中国を扱わなければならない」と付け加えた。

エスパー長官は「今現在の(韓日間)紛争で利益を得る唯一の人々は北朝鮮と中国」としながら「それが我々が葛藤を克服し、同盟とパートナーとして共に協力していた場所に戻らなければならないすべての理由」と繰り返し強調した。GSOMIAに進展があると予想するどうかについては「私は楽観的な人間だ」としながら「そう願っている」とした。

エスパー長官は韓米が防衛費分担金交渉をめぐって総額に異見があるという質問に「国務省が交渉を主導していて具体的に言及はしないでおきたいが、アジアと欧州の同盟国に話してきた同じメッセージを伝える」とした。あわせて「彼ら自身の防衛のためにさらに多く貢献していかなくてはならないということ」と付け加えた。

エスパー長官は「防衛費分担金はそれを越えて米国の前方派兵費用をどのように埋め合わせるかの問題」とし「それも韓国に(さらに多くの貢献をしなければならないという)同じメッセージを持っていくだろう」とした。エスパー長官は韓国に分担金の5倍増額を要求するとしているのは事実かどうか聞く質問に「具体的な数値は言わないでおくが、我々は派兵費用分担金の相当な増額を要求している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP