주요 기사 바로가기

チョ・グク前法務部長菅、早ければきょう被疑者として検察出頭

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.14 08:42
0
検察がチョ・グク前法務部長官に召喚を通知した。チョ前長官は早ければ14日、遅くとも15日には被疑者として検察の召喚調査を受ける予定だ。チョ前長官側は検察に出席する日程は答えていないことが分かった。13日中央日報の取材を見ると、ソウル中央地検特捜第2部(部長コ・ヒョンゴン)は最近、チョ前長官に今週中に取り調べを受けるように日程を調整している。検察は最大限早いうちに出席してほしいと求め、チョ前長官と弁護団は検察出席日はもちろん、召喚方式なども検討しているという。庁舎1階を通じて入るか、または地下駐車場を通じて取材陣の目を避けて調査を受けるかを悩んでいる。

検察関係者は「最近、捜査公報状況が大きく変化した点を参考にして進めたい」と話した。チョ前長官の召喚日程を事前に公開しない一方で、どのルートでで出席させるかを悩んでいるということに読まれる。チョ前長官は11日起訴された東洋(トンヤン)大学のチョン・ギョンシム教授の控訴状に共犯として記されたわけではないが、11回名前が登場する。

検察はチョ前長官が妻であるチョン教授と相当数の疑惑を共謀したと判断しているという。検察はチョ前長官に対する取り調べがまだ行われたなかったという点などを戦略的に考えて控訴状に関連内容を記さなかった。

チョ前長官が14日検察に出席すれば8月27日全方位的な押収捜索で捜査が始まって以来79日ぶりに初めて取り調べを受けることだ。

検察は強制捜査に着手した後、チョ前長官の5親等おいのチョ・ボムドン氏とチョン教授を拘束状態で裁判に付した。検察は押収捜索を通じて確保した証拠などに基づいてチョン教授に計15の容疑を適用した。チョ前長官の弟のチョ氏(52)も拘束収監された状況だ。

検察はチョ前長官の容疑がぼう大だとみている。検察はその中でもチョン教授の未公開情報を挙げ、借名口座を利用して株式取り引きをした事実をチョ前長官が知っていたかに焦点を当てる見通しだ。チョ前長官は8月、人事検証の時から「配偶者が財産を全部管理した」と主張してきた。

チョ前長官は検察召喚に備えて弁護団に会った席でも「チョン教授の株式取り引き自体を全く知らなかった」という立場を明らかにしたという。検察はチョ前長官が青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情首席を務めていた当時、現金自動預け払い機(ATM)を利用してチョン教授の口座に5000万ウォンを振り込んだ情況を把握した。

チョン教授が2次電池会社WFMの好材料となる未公開情報を入手してWFMの株式6億ウォンを場外で買った日だ。検察はこのような情況などに基づいてチョ前長官の株式取り引きなのかどうかは追及するものとみられる。チョ前長官がチョン教授の株式取り引きを知っていた場合、賄賂と金融実名法違反の疑いが持たれる可能性がある。

また、チョ前長官はソウル大学法科大学教授として勤めながら子供のインターン証明書の虚偽発行に関与したという疑いも持たれている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    チョ・グク前法務部長菅、早ければきょう被疑者として検察出頭

    2019.11.14 08:42
    뉴스 메뉴 보기
    チョ・グク前法務部長官
    TOP