주요 기사 바로가기

韓国与党代表「日本の輸出規制、関連産業自立の基調に進むべき」

ⓒ 中央日報日本語版2019.11.13 13:19
0
与党・共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表が13日、日本の輸出規制措置に関連し「一度渡らなければならない川なら、今回、自立に向けた基調に進まなければいけない」と述べた。

李海チャン代表はこの日、忠清北道清州(チョンジュ)の半導体企業で開かれた現場最高委員会議で「半導体分野の競争力強化のため現場を視察するために参加した」とし、このように主張した。

李代表は日本の半導体素材部品輸出規制に対し、韓国政府・企業が対応がよかったと評価した。李代表は「我々の産業で半導体分野が最も大きな比率を占めている。最近景気が良くないのも半導体価格が下落して需要が減っているため韓国経済に大きな影響を与えている」と話した。続いて「日本が半導体分野の素材・部品の輸出を規制したことで、我々の産業分野でも驚いてさまざまな対応策を講じた」とし「党も対策特別委員会を設けて対応していて、党政間の協議で対応した」と説明した。

李代表は「現在のところ日本が輸出規制をした3品目への対応がうまくいっているようだ」とし「特にフッ酸のような場合はほとんど自立し、残りも日本が我々に輸出しなければ販路がないためやむを得ず輸出しなければいけない分野であり、大きな危機はある程度克服した」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表「日本の輸出規制、関連産業自立の基調に進むべき」

    2019.11.13 13:19
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の李海チャン代表
    TOP