주요 기사 바로가기

韓国マクドナルド、「ハンバーガー病」の子供側と合意…「医療費を支援」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.12 15:37
0
韓国マクドナルドと溶血性尿毒症症候群(別名、ハンバーガー病)を患っている子供側が11日、裁判所の調整で合意に至った。

12日、韓国マクドナルドは「両側は今後、両側の立場を代弁・利用しようとする第3の個人、または団体を対象にこれ以上一切に関与せず、子供の治療にだけ専念することで合意した」として「該当事案に対してこれ以上の論争を終結させることにした」と明らかにした。

韓国マクドナルドは「過去2年間、論争と攻防により精神的・物質的な苦痛を受けた子供とその家族、そして韓国マクドナルドの役職員に対して遺憾を表明した」と伝えた。

また「今まで発生した子供の治療費はもちろん、今後子供が治療と手術を受けるのに必要な諸般医療費用を支援することにした」として「母親側は謝意を表し、韓国マクドナルドは子供と家族が受けた傷に対して深い見舞いの意を伝えた」と付け加えた。

一方、ハンバーガー病に患っている子供側は該当子供が2016年9月「ハッピーミール」セットを食べた後、この病を患ったと主張し、韓国マクドナルドはその間の因果関係を認め難いとしてこれを否認してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP