주요 기사 바로가기

YGエンタ前代表、被疑者として14時間警察の調査受ける

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.10 12:29
0
ヤン・ヒョンソク前YGエンターテインメント代表プロデューサーがYG所属グループ「iKON」の元メンバーB.Iの麻薬購入疑惑事件と関連し、9日に被疑者として14時間にわたり警察の調査を受けた。

京畿(キョンギ)南部地方警察庁はこの日午前10時からヤン前代表に対する調査を始め、午後11時50分ごろに終えたと明らかにした。ヤン前代表はB.Iの麻薬購入疑惑を提起した情報提供者を脅迫した容疑を受けている。

調査を終え深夜0時ごろに庁舎前に姿を表わしたヤン前代表は取材陣に「警察の調査に誠実に臨んだ。事実関係を明らかにした」と述べ、「容疑を認めるのか」という質問には「警察調査の関係で詳しく明らかにすることはできない」と答えて庁舎を後にした。

ヤン前代表はB.Iの麻薬購入疑惑を2016年8月に警察に陳述したB.Iの知人AさんをYG社屋に呼んで懐柔・脅迫し陳述を翻させようとした容疑を受けている。

業務上背任容疑、犯人逃避教唆罪容疑も受けている。ヤン前代表はAさんを懐柔する過程で会社の金で弁護士費用を提供し背任容疑を受けている。また、Aさんが陳述を翻意することでB.Iに対する警察捜査を防いだことは犯人逃避教唆罪に該当する。

Aさんは6月に国民権益委員会にこうした内容を申告した。警察は9月にこの事件を担当し証拠収集に注力してきたがこの日ヤン前代表を被疑者として召喚調査した。ヤン前代表に対する追加召喚調査の有無などはまだ決定されていない。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP