주요 기사 바로가기

韓経:アシアナ航空の売却先はHDC現代産業開発が有力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.08 09:06
0
アシアナ航空の売却先はHDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアムが有力という。

政府関係者は7日、「現在の基準ではHDC側が優位とみられる」と明らかにした。この日、アシアナ航空売却の本入札に▼HDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアム▼愛敬グループ・ストーンブリッジコンソーシアム▼KCGI・バンカーストリートコンソーシアムの3カ所が入札提案書を出した。

HDCコンソーシアムが有力になったのは入札価格が特に高かったからだ。HDCコンソーシアムはアシアナ航空買収金額として約2兆5000億ウォン(約2360億円)を書いて出したという。愛敬コンソーシアムが提示した金額は2兆ウォンに達しなかった。KCGIコンソーシアムは戦略的投資家(SI)なしに本入札に参加し、両候補群に比べて競争力がなかったという説明だ。

今回の入札はアシアナ航空を含めてエアソウル、エアプサン、アシアナIDTなど6つの子会社もともに売却する方式だ。これを受け、建設と免税店・ホテルなど流通を主力事業とするHDCが航空業に進出する場合、少なくないシナジー効果を期待できるとみられる。

当初、売却の主体のクムホ産業と売却幹事会社のクレディ・スイスは本入札書類を受けた後、1、2週間の審査を経て今月中に優先売却交渉対象者を選定する計画だった。また、来月中に株式売買契約を結んで売却手続きを年内に終えるという方針だった。しかし入札締め切り当日に輪郭が表れ、売却日程は計画より早くなると予想される。

本入札が締め切られた7日、HDC現代産業開発・未来アセット大宇コンソーシアムがアシアナ航空の売却先として有力になった。HDCの買収提案価格が競合する愛敬・ストーンブリッジコンソーシアムよりはるかに高かったからだ。HDCコンソーシアムは買収価格を2兆5000億ウォンに近かった半面、愛敬コンソーシアムは2兆ウォンに達しない金額を提示したという。

政府関係者はこの日、本入札の結果を見た後「価格の差があまりにも大きかったため、他の条件を見る必要性がかなり減った」と話した。第3候補の私募ファンドKCGI(姜成富ファンド)は戦略的投資家(SI)を探せず、審査の対象から除外されたという。

当初、アシアナ航空買収戦ではクムホ産業が保有する株式31%(旧株)の価格と有償増資を通じて新しく発行する株式(新株)の価格も審査の対象に含まれていた。旧株を取得すれば買収者はクムホ産業にその金額を支払い、新株を取得すれば投資金がすべてアシアナ航空に残る。このため売却の主体のクムホ産業は旧株価格を高く受けるのが有利であり、買収候補は新株価格を高く書いて出すのが買収後にも負担を減らす道だった。

KDB産業銀行と債権団は予備入札で新株価格を最小8000億ウォン以上書いて出すことを条件とした。クムホ産業が保有するアシアナ航空の株式の価値は売却発表時点は2000億ウォンほどだったが、売却イシューで上昇して現在は3500億ウォンほどだ。

候補者の買収価格の差が小さければ旧株をいくらで引き受けるかが審査のカギだった。しかし事実上2カ所による買収戦でHDCが愛敬よりはるかに高い価格を出し、旧株取得価格は無意味になったという説明だ。

HDCが高額をベッティングできたのは、保有する現金性資産が1兆1773億ウォン(昨年末基準)にのぼるなど資本が豊富であるうえ、朴ヒョン柱(パク・ヒョンジュ)未来アセットグループ会長が動く未来アセット大宇がコンソーシアムパートナー社であるためという分析だ。HDCの現金性資産は愛敬の持ち株会社AKホールディングス(2013億ウォン)に比べて6倍ほど多い。朴会長は買収戦で高い金額をベッティングすることで有名だ。

今回の売却はアシアナ航空だけでなくアシアナの子会社のエアソウル、エアプサン、アシアナIDTなど6社も含まれる。HDCが本入札締め切り日当日にアシアナ航空売却先として有力になり、新しい事業にも関心が集まっている。

HDC現代産業開発はアイパークを筆頭とする建設とHDC新羅免税店、パークハイアットソウルをはじめとするホテル事業などに注力している。アシアナ航空を買収すれば、国内2大大手航空会社(FSC)のアシアナ航空のほか、格安航空会社(LCC)のエアソウルとエアプサンを一度に手に入れることができる。

航空業界の関係者は「70余りの国際線路線を保有するアシアナだけでなく、エアソウルは近距離の海外小都市に集中した路線を保有していて、エアプサンは釜山(プサン)の忠誠顧客が多い」とし「これを活用すればホテルと免税店事業にシナジー効果が生じるだろう」と話した。HDCもこの日の本入札締め切り後、「新しい成長動力を多角化していく」と明らかにした

HDCは資金力があるとはいえ、アシアナ航空を抱えれば少なくからず負担になるという見方もある。9兆6000億ウォン(連結基準)が超える負債を抱え込まなければならず、航空機老朽化などで追加で多くの投資が必要となるからだ。アシアナ航空の負債比率は660%にのぼる。アシアナ航空が借りた飛行機費用のリース負債は昨年末の1兆4151億ウォンから6月末には4兆2907億ウォンと3倍に増えた。4-6月期のアシアナ航空の赤字幅も1241億ウォンにのぼる。

航空産業が全体的に不況を迎えているうえ、LCC3社が新たに市場に参入し、供給過剰という懸念が提起されている。進行中の訴訟による突発債務発生の可能性もリスクに挙げられる。こうした点のため一部ではアシアナ買収が「勝者の呪い」になるという懸念もある。

今回の買収戦でHDCに事実上敗れた愛敬グループは本入札締め切り時間の午後2時、「(今回の入札は)韓国航空産業の国際競争力を高め、観光産業など国家経済の発展にも寄与する機会になることを願う。航空会社間のM&A(企業の合併・買収)を通じてグローバル競争力を備えた海外事例は多い」と積極的な姿を見せていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:アシアナ航空の売却先はHDC現代産業開発が有力

    2019.11.08 09:06
    뉴스 메뉴 보기
    アシアナ航空
    TOP