주요 기사 바로가기

愛敬グループ、アシアナ航空買収戦へ…入札参加

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.07 16:09
0
愛敬(エギョン)グループがアシアナ航空買収戦に本格的に参入した。本入札に参加した愛敬グループは資本力不足という指摘に正面から反論した。

愛敬グループは7日に実施された本入札の書類締め切り時間(午後2時)の直後、「売却幹事会社の指針に合うようアシアナ航空買収の準備を終えて入札を完了した」と明らかにした。

ストーンブリッジキャピタルと提携した愛敬グループコンソーシアムは、アシアナ航空買収戦で3つの適格買収候補の一つだ。愛敬グループのほか、HDC現代産業開発-未来アセット大宇、姜成富(カン・ソンブ)ファンド(KCGI)-バンカーストリートが適格買収候補に挙がっている。

格安航空会社(LCC)チェジュ航空を保有する愛敬グループはアシアナ航空を買収する計画を早くから明らかにしていた。この日、実際に本入札に参加し、公式的に買収戦に入った。

日本路線の需要が急減して航空業界状況が悪化し、系列会社のチェジュ航空が4-6月期に赤字を出すなどアシアナ航空を買収するための資金が不足するという指摘に対しても、愛敬グループは積極的に反論した。

愛敬グループは「航空業は資本力が十分だからといって経営できる事業ではない」とし「実際にグローバル航空産業の主要M&A(企業の合併・買収)はほとんどが航空会社の間で行われている」と説明した。航空産業に対する理解力が不足する企業が航空会社を買収すれば、試行錯誤・意思決定の遅延などで混乱が発生するという理由からだ。

愛敬グループは▼中国東方航空-上海航空の事例▼ブラジルのゴル航空-ヴァリグ航空の事例▼ブリティッシュエアウェイズの親会社(IAG)-エアリンガスの事例▼ルフトハンザ-スイス航空の事例--に言及し、航空会社が航空会社を買収すれば業績改善効果が生じると主張した。

また愛敬グループは「短期収益率を追求するより、航空業の定期的な見通しを共有するためにストーンブリッジキャピタルと共にアシアナ航空買収を進める」という立場を明らかにした。これはアシアナ航空をめぐり競争するHDC現代産業開発-未来アセット大宇コンソーシアムを間接的に攻撃したと分析される。実際、愛敬グループは「複雑な利害関係がある財務的投資家(FI)は本質的に収益率を目的に参加する」とし「しかし今回の取引は資金規模より性格がさらに重要だ」と主張した。

クムホ産業はこの日、本入札を進めた後、入札企業の買収価格・運営力量を検討し、今月中に優先売却交渉対象1カ所を選定する。その後、株式売買契約締結などの過程を経て、早ければ年内に売却を終える方針だ。ただ、年末まで売却が実現しなければ、債権団はクムホ産業の保有株を代わりに処分することができる。

一方、証券業界はアシアナ航空の買収に必要な資金調達規模を1兆5000億-2兆5000億ウォン(約1400億-2340億円)と推定している。旧株取得代金(4500億ウォン)と新株発行額(8000億ウォン)、経営権プレミアムと子会社の価値を反映した金額だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    愛敬グループ、アシアナ航空買収戦へ…入札参加

    2019.11.07 16:09
    뉴스 메뉴 보기
    チェジュ航空の航空機 [写真 チェジュ航空]
    TOP