주요 기사 바로가기

文大統領の支持率、3週ぶり下落で44.2%に…野党「韓国党」は反騰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.07 14:57
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政に対する支持率が3週間ぶりに下落し、40%中盤になった。

リアルメーターがtbsの依頼で4-6日、全国19歳以上の有権者1504人を対象に調査した結果、11月第1週の文大統領の国政に対する支持率は先週より3.3ポイント低い44.2%(非常に良い26.2%、良い18.0%)だった。支持率は10月第2週の41.4%から第3週は45%、第4週は45.7%、第5週は47.5%と3週連続で上昇したが、今回は下落に転じた。

国政遂行に対する否定的な評価は4ポイント上昇した53.1%(非常に良くない38.8%、良くない14.3%)だった。否定的な評価が肯定的な評価を8.9ポイント上回り、その差は誤差範囲(±2.5ポイント)を超えた。分からない・無回答は0.7ポイント減少した2.7%だった。

リアルメーターは「こうした下降は、先週後半の北の放射砲発射の影響、青瓦台(チョンワデ、大統領府)に対する国政監査、独島(ドクト、日本名・竹島)ヘリコプター事故、大学入試の定時募集拡大問題、自営業者減少などの経済問題、チョ・グク前法務部長官に対する家宅捜索および検察召喚の可能性など各種の否定的な報道が拡大したためと分析される」と解釈した。

理念性向別には進歩層で肯定的な評価が70%台半ばに落ち、保守層では否定的な評価がまた80%を超えた。中道層では肯定的な評価が30%台後半に上昇し、否定的な評価も上昇した。

政党支持率では「共に民主党」が1.4ポイント落ちた38.2%で、2週連続で下落した。「自由韓国党」は2.3ポイント上昇した33.9%と、3週続いた下落がストップした。

今回のアンケート調査は95%信頼水準で標本誤差±2.1ポイント。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP