주요 기사 바로가기

共同通信「文喜相韓国国会議長が上皇に謝罪の手紙」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.07 10:22
0
文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が自身の「天皇謝罪」発言に関連し、当時天皇だった上皇に謝罪する内容の手紙を送ったという報道があった。

7日の共同通信によると、河村建夫日韓議員連盟幹事長は6日、BSフジの番組に出演し、訪日中の文議長と会った際、上皇に謝罪の手紙を送ったと話していた、と伝えた。

共同通信は手紙の内容と発送時期は確認しなかったが、文議長が3日に日本で河村幹事長に会った際、こうした事実を知らせたと説明した。

文議長は今年2月、ブルームバーグ通信のインタビューで、当時の天皇を「戦争犯罪の主犯の息子」と表現し、「天皇の一言でよい。高齢の慰安婦の手を握って本当に申し訳なかったと言えばそれで(慰安婦問題は)解決する」と述べた。

また、2015年の慰安婦合意当時に安倍晋三首相が表明した謝罪について「それは法的な謝罪だ。国家間の謝罪はあったが、問題は被害者がいるということだ」とし、被害者に対する直接的な謝罪を要求したりもした。

これに対し日本政府は反発して外交経路を通じて韓国政府に抗議を表し、政治家の間でも文議長に対する激しい批判が続いた。

文議長は東京で開催された20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席するため3-6日に日本を訪問し、河村建夫日韓議員連盟幹事長、自民党の二階俊博幹事長らと会った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    共同通信「文喜相韓国国会議長が上皇に謝罪の手紙」

    2019.11.07 10:22
    뉴스 메뉴 보기
    文喜相(ムン・ヒサン)国会議長 イム・ヒョンドン記者
    TOP