주요 기사 바로가기

韓経:ソフトバンク、7~9月期7043億円の損失…創立38年で「最悪の成績表」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.07 10:19
0
積極的なベンチャー投資でグローバルスタートアップ(新生ベンチャー企業)市場を主導した日本のソフトバンクが7~9月期に7000億円を超える損失を出した。1981年の会社創立後で最大規模の赤字だ。損失はほとんどがウーバー、ウィーワークなどに対する投資で発生した。このためソフトバンクは上半期(4~9月)基準でも営業損失を記録した。ソフトバンクの上半期の保有株式価値は5379億円減った。

ソフトバンクグループは6日の業績発表を通じ、上半期の純利益が前年同期比38.9%減の5321億円を記録したと発表した。売り上げは前年同期と同水準の4兆6517億円を維持したが、営業利益は前年上半期の1兆4207億円の黒字から今年は155億円の赤字に転落した。

7-9月期の業績はさらに衝撃的だ。営業利益が7043億円の赤字を記録し、前年同期の7058億円の黒字から急転直下した。

ソフトバンクグループが中間決算で赤字を記録したのは2004年上半期以来だ。ソフトバンクグループの孫正義会長はこの日の決算説明会で「ボロボロで真っ赤っかの大赤字。四半期でこれだけの赤字を出したのは創業以来。まさに台風というか大嵐という状況だ」と話した。

ソフトバンクの急激な失速はこの数年間の積極的投資で、柱だったビジョンファンド事業で巨額の損失が発生したのが大きかった。ビジョンファンドで5726億円の赤字を出した。投資企業保有株式評価損失が5379億円に達した。ウーバー、ウィーワークなど巨額を投資した企業の価値が急落した影響が大きかった。ソフトバンクはビジョンファンドを通じてウィーワークに91億5000万ドルを投資した。しかし最近企業価値が急落しウィーワークの企業公開(IPO)が延期され、株価が急落し巨額の投資損失を避けることができなかった。ウィーワークの企業価値下落にともなう損失だけで4977億円に達するという。ウーバーとスラック、滴滴出行など主要投資企業の株価が軒並み下落し業績の足を引っ張った。これに伴い、代表的な投資成功作である中国アリババで2771億円の利益を出したがウィーワークなどの損失分を相殺できなかった。

ソフトバンクが初めての巨額赤字を記録したことで、直感に基づいてリスク負担が大きい投資を果敢にすることで有名な孫会長の投資戦略も方向転換が避けられなくなった。孫会長はこれまで成長可能性が高い事業を初期に先取りしてシェアを掌握する戦略を駆使した。アリババ、ヤフージャパンなどに投資して「大成功」を記録し、2017年には1000億ドル規模のビジョンファンド1号を設立してグローバルベンチャー市場の資金供給を牽引した。ソフトバンクが主導したビジョンファンド1号・2号は世界のベンチャーキャピタル運営資産(推定8030億ドル)のうち27%を占めているが、巨額の投資に比べ危険性を見過ごしたという指摘を受けてきた。

孫会長は「私自身の投資の判断がいろんな意味でまずかったということを大いに反省している」と言及した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP