주요 기사 바로가기

米国務省交渉代表「韓国分担金の適正水準を見にきた」…米軍縮小と連携か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.07 09:57
0
今月5日「サプライズ訪韓」したジェームス・ディハート米国務省第11回韓米防衛費特別協定(SMA)交渉代表が6日、韓国世論を察知した。SMA第3回会議を2週間程度控えて韓国内世論の聴取のための「ワンポイント」訪韓だ。

関連事情に詳しい消息筋は「米国としては要求事項を差し出した時、韓国がどこまで受け入れられるかが気になっただろう」としながら「今回は主に聴くために来たと理解している」と話した。

ディハート代表は6日、ユン・サンヒョン国会外交統一委員長など政・財界要人に会った。ソウル貞洞(チョンドン)の米大使官邸で開かれた晩餐会場でだった。この席でデハート代表は「韓国が負担できる適正水準の防衛費分担金がいくらなのか把握しようと来た」と話したという。

同席していたデイビッド・スティルウェル米国務省東アジア太平洋次官補も「トランプ大統領は韓国が防衛費分担により大きく寄与すべきだと考えている」という趣旨で発言した。

ディハート代表の非公式訪韓はスティルェル次官補の訪韓日程と重なりながら韓国に米高官級が「防衛費圧迫」を全方向で行う格好になった。

ディハート代表は与党では共に民主党のミン・ホンチョル第2政策調停委院長と7日面談する予定だ。この日夕方にはカウンターパートであるチョン・ウンボ第11回SMA韓国代表と晩餐会も行う。ディハート代表の訪韓をめぐり表では「意見聴取」だが、裏面には「予防注射」があるという見方が支配的だ。正式な交渉を控えて米国交渉代表が「場外攻略」に出たこと自体が今度は必ず防衛費分担金を計画した通りに引き上げるという米国内の尋常でない雰囲気を反映しているという指摘だ。

米国は9~10月、第1・2回会議で事実上包括的に「戦略資産展開費用、運営費用」と解釈可能な内訳が盛り込まれた防衛費分担金を提示した。「大韓民国内米国軍隊」の駐留経費の一部負担というSMAの枠組みを越えて韓半島以外での寄与も要求している。

匿名を要求した外交筋は「トランプ大統領はSMAが望む水準で妥結しなければ在韓米軍を撤収するという態度を取る可能性もある。ワシントンでは『防衛費分担金-在韓米軍連携』を議論することがますます自然になる雰囲気」と伝えた。防衛費分担金交渉と対北朝鮮非核化交渉を同時に念頭に置いたトランプ政府の終盤のカードが在韓米軍ということだ。そのため、ディハート代表が韓国要人に韓国が安易に対応してはならない警告次元の話しも伝える可能性があるという見方もある。直ちにトランプ大統領の再選街道で成果として出すほどのSMA交渉は韓国が唯一だ。

防衛費分担金を在韓米軍と連携させるかもしれないという恐れに対して外交部は6日午後、立場文を発表して「現在の防衛費交渉で韓米両側は在韓米軍の撤収を念頭に置いたり、これに関連したいかなる議論もしたりしたことがない」と明らかにした。これに関連した気流を序盤に遮断するという意志が読まれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP