주요 기사 바로가기

北、韓米空中訓練の計画に「忍耐心の限界…見守ってばかりはいないだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.07 08:28
0
北朝鮮は6日、韓米両国の合同空中訓練の計画に対して「われわれの忍耐心が限界点に近づいている。われわれは決して米国の無謀な軍事的動きを黙って見守ってばかりはいないだろう」と非難した。

北朝鮮外務省のクォン・ジョングン巡回大使はこの日、談話を通じて「われわれはすでに合同軍事演習が朝米(米朝)の関係進展を遮り、われわれがすでに取った重大措置を再考するにあたり大きなきっかけになるだろうと強調したことは1回や2回にとどまらなかった」と明らかにした。

クォン大使は「最近、米国防総省は、シンガポール朝米首脳(米朝首脳)会談以降に中止すると公約した南朝鮮軍との連合空中訓練を12月に再開するための手続きを踏んだと公式発表した」とし、これは「われわれに対する対決宣言であるとしか解釈することができない」と主張した。

また、軍当局が合同訓練に「ビジラントエース(Vigilant ACE)」という名称を使わないよう決めたことについては「訓練の名称を変えたからといって、戦争演習の侵略的性格が変わるだろうと考える人はこの世にいない」と強調した。

あわせて「米国の無分別な軍事的狂気は、徐々に消えつつある朝米対話の種火に冷水を浴びせるものだ」としながら「朝鮮半島と地域の対決雰囲気を高める極めて挑発的で危険千万な行為」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北、韓米空中訓練の計画に「忍耐心の限界…見守ってばかりはいないだろう」

    2019.11.07 08:28
    뉴스 메뉴 보기
    2017年12月6日、「ビジラントエース」に参加した米長距離戦略爆撃機B-1B「ランサー」(先頭)が韓国空軍のKF-16、F-15K、米国空軍のF35A、F-35Bと飛行している。[写真 空軍]
    TOP