주요 기사 바로가기

韓国、10月の輸出467億ドル…前年比14.7%減少

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2019.11.02 10:24
0
韓国の産業通商資源部と関税庁によると、10月の輸出額は467億8000万ドルと、前年同月比14.7%減少した。11カ月連続の減少で、これは2015年1月-16年7月(19カ月連続)以来の最長期間。

昨年10月の輸出額が特に多かった影響もある。昨年10月の輸出額は548億6000万ドルと、1956年に貿易統計の作成を始めて以降2番目に多かった。

しかし先月は半導体(-32.1%)、石油製品(-26.2%)、ディスプレー(-22.5%)など主力製品の輸出が振るわず、下落幅を拡大した。世界景気を主導する米国・中国・ドイツなどの景気不振、米中貿易紛争なども輸出減少に影響を及ぼした。

10月の輸入額も413億9000万ドルにとどまり、前年同月比14.6%減少した。これを受け、貿易収支(輸出-輸入)は黒字を維持した。

産業通商資源部は1日、「輸出状況点検会議」を開き、輸出危機克服案を議論した。輸出増進のために今年10-12月期には貿易金融に60兆ウォン(約6兆円)を投入することにした。

成允模(ソン・ユンモ)産業部長官は「半導体価格が回復して受注船舶の引き渡しが本格化すれば、来年1-3月期の輸出は増加に転じる可能性がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP