주요 기사 바로가기

日本参院議長、文国会議長に「天皇謝罪」発言の撤回・謝罪を要求

ⓒ 中央日報日本語版2019.10.31 11:16
0
山東昭子参院議長が来月4日から東京で開催される主要20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席する韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長に対し、「天皇謝罪」発言の撤回と謝罪を要求したと、産経新聞が31日報じた。

報道によると、G20国会議長会議のため訪日する文議長が山東議長に個別の会談を要請すると、このような内容の書簡を送ったという。山東議長は文議長が発言の撤回と謝罪をしない限り、個別の会談に応じない姿勢だと、同紙は伝えた。

文議長は2月、ブルームバーグ通信のインタビューで退位を控えていた明仁天皇に言及し、「日本を代表する首相や近く退位する天皇の一言でよい。高齢の慰安婦被害者の手を握って本当に申し訳なかったと話せば、それで(慰安婦問題は)解決する」と述べた。

これに対し安倍首相をはじめ、当時の河野太郎外相など日本の政界は文議長の発言に遺憾を表した。文議長は6月、ソウルで鳩山由紀夫元首相に会った席で「心を痛めた方々に謝罪の意を伝える」と述べた。文喜相議長は慰安婦問題をめぐる天皇の謝罪に言及して以降、来月初めて日本を訪問する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP