주요 기사 바로가기

11月に多国間外交の舞台相次ぐが…文氏-安倍氏また握手だけ?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.30 17:40
0
11月に「ASEAN+3(東南アジア諸国連合+韓・日・中)」首脳会議など多国間外交日程が相次いで予定されているが、韓日首脳会談の開催の可能性はまだ不透明なことが分かった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が天皇即位式をきっかけに安倍晋三首相に会って関係を改善することを提案したが、日本側は依然強硬な立場を見せた。

30日付けの読売新聞によると、日本政府は10月31日~11月4日にタイで相次いで開かれる「ASEAN+3」と「東アジア首脳会議(EAS)」、11月15~17日にチリで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で安倍首相と文大統領 の首脳会談を見送る方針を固めたと伝えた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者はこれについて「公式発表ではない事案について政府が公式に対応する必要性を感じないため対応しない。ただ、韓日間の複数の問題を対話で解決すべきだという我々の意志は変わらない」と言うに留めた。

ASEAN+3とEASは日韓の首脳が毎年参加してきた。米国からも昨年、マイク・ぺンス副大統領が参加するなど、首脳級が毎年来ていた。一部では会談会場で両国首脳が立って話を交わす会合形態も言及されている。これについて外交消息筋は「その可能性は今のところ半々」と伝えた。開催が迫っているのに首脳間の日程が確定していないということは、それだけ可能性が低いということだ。

韓国としては文大統領が「親書外交」まで出し手を差し出したが、日本側から拒絶された形だ。

韓日首脳は昨年シンガポールで開かれたASEAN+3会談でも何の会話もなく握手だけ交わした。それは10月末に強制徴用判決直後(11月13日~18日)だった。日本メディアは当時、日本政府関係者の談として「首脳会議場で文大統領が先に握手を求め、お互いに言葉は交わさなかった」と報じた。今回もこのような場面が演出されかねないということだ。

チリで17日頃に開かれるAPEC首脳会議は韓日軍事情報包括保護協定(GISOMIA)終了を1週間後に控えた時期でもある。終了日は11月23日の夜12時だ。それまで特別な突破口がなければ、韓日間の歴史問題に「GISOMIA破棄」という悪材料が加わることになる。GISOMIAは米国主導で作られた韓日米安保協力会議だけに、そこからは米国の圧力まで加わる可能性がある状況だ。ただし、米国はGISOMIA破棄は可能な限り防ぐという立場で、11月の多国間会議を契機に韓日の問題解決に強く圧力をかける可能性がある。

日本は梗塞された韓日関係を改善するためには、強制徴用問題について満足のいく解決策を韓国が持って来なければならないという立場だ。ところが「日本が望む解決策」とは、日本企業は参加できないというわけで、韓国大法院(最高裁)判決と相反するという点だ。韓国は実務レベルを超え、首脳レベルで安倍首相の説得を試みているが、安倍首相が会うこと自体を拒否したことで、現在のところ解決策を出すのが容易ではない見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    11月に多国間外交の舞台相次ぐが…文氏-安倍氏また握手だけ?

    2019.10.30 17:40
    뉴스 메뉴 보기
    ASEAN+3首脳会議に出席するためシンガポールを訪問中の文在寅大統領(写真右)が15日午後、サンテック国際会議展示場で開かれた東アジア首脳会議に参加し、シンガポールのリー・シェンロン首相の冒頭発言を聞いている。2席隣に安倍晋三首相が見える。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP